探すと見失うもの

妻は動物や植物を愛していた
というよりこの宇宙のすべてを
愛していた

夜空の星々もよく観察していた
チェアを倒して
ほら、あれがガーネットスター
そんな感じで教えてくれた

だが私はそんな妻の横顔をみて
いつも寂しい気分がしていた

彼女はどこか遠いところに
先に向かっていて
自分は置き去りにされているような
そんな感じだった

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. tomonori より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

誰もいない
素敵な未来のつくりかた
七夕の夜空に出会うもの(後編)
二人の先生
殻の中身は空だった
あなたの世界はあなたの中にある
摂理に生ずる存在性
嫌な予感が当たることと望みの世界を創り出すことは同じ仕組みにある