イマジネーション

朝の7時に2人の男が
シャワーを浴びている

それぞれ別の場所

片方は海岸沿いの家
水平線を一望するパノラマ・ワイドビュー
そんなバスルーム
彼はいくつかの会社経営という
「服」を着ている
キャッシュフローは完全に把握されており
増えたら効率良く分散し
減れば一定の水準に戻るよう手配する

もう片方は窓もなく1畳の広さもない
トイレと一緒のユニットバス
彼は求職中という「服」を着ている
今月の家賃の支払いも怪しい状態だ
来月何をしているかもわからない

場所は違うが2人は裸であり
シャワーを浴びている

つまり水を体に感じているという
「いま」に於いては何の違いもない

 

着ている服が違うだけ

「服」とは記憶のことだ
つまりいまそこには存在しない
ただの思い込み

性格や価値観、主張も記憶
経営者の彼は体調管理に気遣う
求職中の彼は必要以上に食べ漁る
会話もマナーも違う

「ここではこうするもの」
「自分の性格はこうだ」
そういう潜在的な意識が
暮らしに自動反映される

各々の思い込み
記憶がその現実を司る

パノラマビュー住まいの彼が
“今日も職を探しにいけば”そうだし
ユニットバスの彼が
自社ビルの最上階行きエレベーターに乗れば
そうなのだ

いくらでも入れ替わる

あなたのその人生とは
あなたが思い込んだ通りになっている

「ユニットバスが豪華なバスルームになるのか」
と言えばそうだ
その通り

実際そこには何もなく
あなたがそのように観ようとしているだけ
その意図のみがヴィジョンを立ち上げている

最初とても素敵に感じられた物が
いまは何の魅力も放たない
そんな経験が沢山あるだろう
人であれ、出来事であれね
それはあなたが変えたのだ

 

現実が変わるとき

ある日ユニットバスの彼に
「彼なりの成功」が起こった
パノラマビューのバスを出現させた

彼は努力をして成功を掴んだら
豪華な家に住むことができる、
という観念があった
だからそういう「ストーリーが必要」だった

さあ水平線を一望するバスルームだ
そこですることと言えば

裸で、水を浴びるということ
水になるということ
その起こる関係性に溶けるということ

エゴに囚われている典型例はこうだ
「ああこの素晴らしい光景は努力の賜物だ」
「明日友人を呼ぼう、きっと驚くだろう」

あなたの意識は未来や過去に
行ったり来たりする
豪華なバスルームは
いつも未来か過去にしか存在しない

そうして素敵なバスルームが幻であることに
だんだんと気が付いてくる
気が付くというよりも
興味の対象から外れてしまう

1ヶ月もすれば
どうでも良いもの
当たり前のもの
そうなってしまう

あるのはシャワーから水を感じること
それだけだからね
彼は何の刺激も得られない
シャワーを浴びているときですら
頭の中は別のことでいっぱい

あなたを踊らせた魅力
そんなものなかったのだ
あなたが未来や過去への妄想から
勝手に創り出した幻影

そこまではいい
贅沢を創り出したのだ
素敵な物に囲まれ
それを享受すればいい
素晴らしいことだ
役目を終えたなら
そこに意識を向けなければいい
つまり無理に楽しむ必要もない

だが彼は豪華なバスルームにかけたお金に
後悔をし始める
または新しいカタログを見て
こんな新商品があるなんて
こっちにしておけば良かったなど
自ら生み出した世界にケチをつけ始める

そして成功が脅かされるとき
また豪華なバスが意識に浮上しだす
「ユニットバスに戻るなんて嫌だ」とね

あなたが「いま」に在るとき
そこにあるのは水の感触だけ
シャワーから降り出す
小さな水滴のひとつひとつ
水とひとつになる
その出来事だけだ

いいかい
あなたがどんな職業であろうと
どんな生活状況であろうと
それらはただの「服」だ

それが嫌なら
服を着替えればよろしい

 

街では服が歩いている

よくスピリチュアルで語られるだろう
なりたい自分になりきってみなさい
だがそれは50点だ
なりきるだけでは単なる思考の妄想になる
つまり未来や過去に行ったり来たり

服を着替えるということは
服を着ているのは誰か?
それを知らなければならない

その「人」に新しい服を着せてあげなさい
着せたい服を着せたことにしてみなさい

難しいことじゃない
現に今まであなたが自分にしてきたことだ
いまもそうしているのだよ
あなたのその人生、暮らし、考え方、
そういう服をあなたは着せているのだよ

服がヴィジョンだ
あなたの知覚するもの
街を歩けば多くの人々がいる
それぞれが人生という服を着ている

彼は美容師で彼女は留学生らしい
あそこのオヤジさんは板前で
あっちの若い子は学生さん

服を脱げばなにもない
つまり彼らは誰だい?
服が歩き
服が自己主張し
服が会話している

そして「それらの人々の存在がある」
という服をあなたが着ている

箱の中に箱があり
箱の外にも箱がある

だがその箱を観ている者がいる
それがあなたの「自覚」

だが自覚は対象にはならない
だから探すという性質のものではない

ただ唯一自覚が何かを自覚している
という現象を
あなたは知っている

つまり自覚されているとき自覚が起こる
人生を経験する人があなたではなく
その経験自体があなたなのだ

これが「ゼロ」だ
理解できれば無限の世界に
いつもいたことに気が付くだろう

ソウルミュージック
苦いコーヒー
冬の空

そのすべてがあなたなのだ
あなたは何でも創り出すことができる
見たら見える
聞いたら聞こえる
つまり好きなように人生を生きられるのだよ
そのためには
好きなように生きなさい
積極的に世界と戯れること
それがあなたを「知る」ということだ

常にいまに在りなさい

そして現実をリラックスできるよう努めなさい
その努力は必要だ
あなたの世界では努力というものも
作ってしまっているようだからね

努力を努力で解決できるなら努力をすればいい
だがそれはその現実を認めるためだ
認めればあなたに影響を与えない
豪華なバスルームと同じ
すべてはあなたの未来や過去への妄想から
想起されている
ただの幻だったと気付いたら
あなたはどうでも良いものとなる

豪華なバスルームでもユニットバスでも
そんなものは存在せず

あなたはただ水とひとつになる

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. より:

    この手記の「服を着替える話」と涅槃の書冒頭の「不幸という服を脱ぐんじゃなくしっかりと着るのだ」という話は矛盾してるように感じるのですがどういう事なんだろ?
    二つは違う性質の話をしてるのですかね?

    • より:

      いや、同じでした笑
      どちらも(今自分でそうであるとしている)という事を認めよという事ですね。

      勝手に質問作って勝手に自分で答えを用意している…
      私はすでに好きなように生きてるみたいですね。

      たとえ自分の外側に本当の答えなるものがあるのだと誰かに言われたとしても、私は聞きゃーしないでしょう。
      だって、自分が認めた事しか見ないでしょうから。
      自分さんはそれをずっと繰り返し伝えてたんでしょう。と勝手にそう(見ました)笑

    • 涅槃の書-自分 より:

      新さん

      よろしい。誰もが視界のなかにあるものを真実だと思っている。だがそうじゃない。視界を見ている者だけが真実なのだよ。

      職業という服を着替えるということ、つまり現実を選ぶということ、それは現実そのものに力点があるのではないということだ。大事なのは「選べているという立場」にあなたがいることだ。ならば現実は単なる作用点となる。

      またこれは不幸という服を着る話も同じ。目をそらして逃げるのではなく、己からそれを掴もうとすることで不幸そのものを支配できるようになる。

  2. より:

    自分さん
    いつもありがとうございます。助けられています。

    己から世界を掴むこと、世界に己を掴まれるのでなく。「私に選択権がある、これまでもそう、これからも」
    自分さんが紡ぐお話は今までの私の常識では考えられないことばかり。
    でも、涅槃の書を読み進めていくにあたり、自分の周りでも小さいですが、「!」と言う様なことが起こっている事に気が付き始めたのです。
    本当に小さなこと。ふーん、だから何なのって位の事です。
    頭の中の声は(そんなくだらんことはどうでもいい、ほっとけ、お前にはもっと解決しなければいけない重大事があるだろう。しっかり今を把握しろ‼︎しっかりしろよ)
    と言います。ごもっとも、全くの正論かもしれんね。

    それでも、日々起こる小さな小さな「!」の瞬間に何か妙な、言葉では何とも言えない感覚。パッと現れたんです。一瞬ですが、私という固形物が柔らかくほぐれたみたいな感じでした。これが見ている立ち位置かな?

    話は変わりますが、自分さんは映画、ジムキャリー主演「トゥルーマン•ショー」を見たことありますか?
    この映画はまさに心の中の動きを描いているんだなと強く感じました。主人公とその他、真実とエゴの葛藤が良く描かれてるなと。
    昔見たときはまぁまぁおもしろ映画だなとしか思わなかったんですけど、今回違いました。最後はググっと心に来てしまって泣いてしまいそうになりました。
    この映画は私の物語でした。

コメント・質疑応答

  関連記事