ペルソナの世界(1)

今回は私たちが人生として経験している「人間の世界」に焦点を当てて考察しよう。つまり現実という幻想についてとなる。「人間とは何か」を理解することで、あらゆる対人関係(会社や家族、恋人など)の苦悩を解消し、そして満たされた人生を生き始めることができるようになる。

でははじめよう。

1.

まず人間とは「人-間」であり、人の間と書く。だからもし誰もいない惑星に漂着して暮らしているならば、あなたは人間ではない。

それは人間という呼び方がなくなるというだけではなく、あなたがただひとりしか存在しないということは、あなたの体験したことを保証する他者がいないということであり、つまり何が現実で何が妄想なのか、その区別がつかなくなるということだ。

だけどもこの見解は、いまあるこの世界が真実であるという前提に基づいて話している。つまり周囲に他者がいるから、いまこの現実が真実だと思っているにすぎないわけだ。

よってこう言い換えることができる。「他者の保証というものを当てにしなければ何も成り立たなくなる」というその構造そのものが、人間の世界だということ、要は「他者」がいれば、それがどのような光景であろうとも「リアルな現実」であり、あなたにとっての真実となるわけである。

ここでいう「他者」とは、人だけではなく、自分以外の物事すべてを指している。

2.

というわけで他者が存在しているから、あなたの「現実」があるわけだが、それは「現実」「自分」「他者」の3つは相互的に不可分な関係にあるということだ。

つまりどれかひとつ欠けると、それ以外も消え去ってしまう。

よく出す例だが、バットとグローブがあって野球が現れる。だが野球は実体がない。しかし野球が存在しないとき、バットは「バット」ではなくただの棒でしかない。グローブは革手袋でしかない。つまりバットやグローブも実体を持っておらず、それらがバットやグローブであるためには、野球が必要であり、相互に「幻想」を成立させている関係にある。

人間の世界はこれと同じ原理にある。つまり様々な要素が絡み合って、ひとつの幻想を生み出している。釈迦はこれを因縁生起といった。

そこで今回は「バット」を表象、「ただの棒」を本質と呼び変えよう。表象と本質だ。覚えたかな。つまり「バット」という表象とは野球における「役割」を演じているということになる。

本当は「ただの棒」も表象であり、突き詰めるとすべては実在でないことが判明するが(諸法無我)、いまはそこまで潜らないでおく。

3.

では人間世界における「役割(表象)」とは何かといえば、人格のことになる。以下は少し前にコメント欄に書いたものだが、参考に引いておこう。

-以下 引用-

人間の生、つまりあなたの人生とはどれだけ多様で複雑にみえても実はシンプルなものだ。それは「自分の心と向き合うこと」のみにあるからだ。そしてそれは「他者と関わっていること」が前提にある。

人間とは「人-間」であって「人の間」と書くわけだけが、つまり関係性がその主体にある。たとえばあなたがどこかの店に入ったならば、店員と客の関係にあるわけだ。

そこでは店員は店員らしく振る舞い、あなたは客らしく振舞う。「客っぽい話し方」をして、客の振りを演じ続ける。姿を見せない「主体」が、フリーな者たちを店員と客に振り分ける。

そして店を出て帰宅すれば、自分が夫ならば奥さんの前では夫らしく振舞う。夫っぽい話し方をする。

このように「人-間」の世界は、他者との関係性が常に決定し、ペルソナを演じ続ける。しかもそれは相手との関係だけではなく「己が自分自身との関係を見ている」ということでもある。

だから「人-間」は二者ではなく、そこには常に「もう一者がいる」のだ。その第三の者に気づいたら、世界の見え方や関わり方が違ってくるだろう。二者間だけでは「逃げ場(=余白、スペース)」がないからね。

大事なのは、そうした同一化によって社会は存在しているということ、また同一化によってこそ「自分」は存在するということ、そしてその同一化に縛られることで、苦しくなってしまうということにある。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. mhayata より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事