出会いに恵まれるメソッド

少し前にモテる原則と題した話をしたとき
反響のメールがとてもあったのだけども
あの内容は社会的な人間の特性の観点から
その方法をアプローチしたものだった

人間の特性を理解することで
それは「自分も同じ」であること

つまり己が他者を知るほど
自分もどれだけ外部への反応に
影響されているかを
二義的に気づかせることにあった

着飾って個性を際立てることが
かえって己を苦しめていることに気づき
その逆説的な気づきによって
心を自由に導くという内容だったわけだ

そこで今回は人間特性という
低次の視点からではなく
「大いなる流れ」の方面から
自他の解放を促していく方法を話していこう

いま恋人や旦那さんや奥さんがいるなら
その相手と付き合い始めたころ
他の人といるときとは違う
親密な何かが漂っていただろう

つまりその「親密な何か」が
あなたの人生を
よいものにしていくわけである

それを自在に使えるようにしよう

それは「出会いがあったから」ではなく
あなた自身がその何かを開いていたからこそ
その出会いが事後的に認定されたものとなり
恋人との交際がスタートしたのだ

つまりその何かを開いていれば
異性との出会いや
仕事仲間にも恵まれるようになる

これは簡単なトレーニングでありながら
これ以上ないぐらいに効果的なものとなる

 

1.

たとえばエレベーターに乗り合わせた
知らない人に息苦しい思いをする

切り替わっていく階数のランプを
お互いに見上げている
用もないのにスマホを触ったり
壁の告知に目をやったりする

その人が何かをしてくるわけでもないが
居づらさや圧迫感を感じている

いったいこの苦しさはなんだろう?

あなたはこの居合わせている人や
またはこの閉鎖的な状況に
その原因があると考えるわけだが

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

自分の世界を作っていくということ
3の法則(中編)
現実変更と恋愛と信じること(前編)
ランブリング
願望はいつも後ろに実現する
あなたが踊るのだ
何にも困らなくなるシンプルな方法
心の逃げ場をつくらない