恋が実るとき

想いを寄せる相手のことを
一日中想い続けたりする
それは美しいものだと
世間一般では信じられている

映画やドラマに漫画
バレンタインやクリスマスに便乗した
飲食物や装飾品など
そんな感じで「恋愛」は商品化して
堂々たる市民権を得ている

すべては企業が儲けるための
キャッチコピーなんだけども
おかげで恋人がいなきゃ
それは異常であるとか
そういう風潮になっている

そうして眼に映る異性の姿は
より魅惑的となっていく

男性が女性をみる目つき
女性が男性をみる目つき

街はまるで野生動物の世界となっている

なぜ自分がそのように
みんなと同じ目で異性を見てしまうのか
そういうことは考えない

「あの異性のここがいい」とか
すでに規定されたゲームのうえでの
判断しか持っていない

よって誰もがこの奇妙な法則に
掴まれていることになる

つまり恋愛のことだ

それは労働と消費によって
ハムスターのように走らされて
発電をさせられていることに気づかない
資本主義社会の奴隷がみている幻想のひとつとなる

 

1.

想いを寄せる相手のことを
一日中想い続けたりする

たとえば
今日知り合ったあの人を想って
飲む、歩く、眠る

聴きなれているはずの音楽が
とても素敵なBGMとなる

夜の街道をキラキラと過ぎていく
車のテールライトが
愛しい気持ちを演出してくれる

だけどもこのジレンマはなんだろう
何から解放されようとしているのだろう

その欲求が度を越せば
ストーカーになったり性犯罪に走ったり
「そうしなければ自分は楽になれない」
という脅迫的な観念に囚われてしまう

つまりメラメラ燃える恋愛感情と
犯罪行為は紙一重にあるわけだ

だが「本当のところ」は
どんな手段を講じても
決して手にすることができない

これが大事なポイントだ

「ひとつになりたい」なんて欲情は
心に葛藤が起きていることを意味する

「君を奪い去りたい」なんて
綺麗な言葉だが
実際その行為に及ぶには
罪の意識を覚悟しなければならない

だがお目当の相手や競争相手を騙したり
また犯罪をしてまで奪い去ったそれは
ただの幻だったことに気づくのである

「まさかそんなわけがない」
「自分が惹きつけたれた眩い光は
この相手から放たれていたはずだ」

ところがその相手を
どれだけ支配しても
どれだけ破壊しても
なにも出てこない

ああしまったと思うわけだ
しかもそのツケはあとで必ず回ってくる

相手や競争相手を騙していたなら
その交友関係の破綻であり
性犯罪なんかしたなら言うまでもない

だがそれだけのリスクを負いながら
何も満たされていない
いったい自分は何を求めていたのかと
わけがわからなくなる

だけどもそれもつかの間

食べ尽くしたあとは
またすぐに新しい獲物を発見する

食べ尽くせていない場合は
同じ相手に渇望を
引き摺り続けることになる

今日もおめかしして出かけようと
鏡に映っている自分の姿は
もう人間のそれではない

 

2.

人間は神の次元に昇るか
それとも獣の次元に堕ちるか
その中途半端なところにいる

つまり人間は人間自らが作った社会に
常に試されているといえる

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. tomoya より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. 涅槃の書-自分 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. Koichiro より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. imorder より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • imorder より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. yuka より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事