豊かな人生を実現する

いつも話しているように
私たちは二重の世界を生きている

ひとつは存在の次元
つまり高次といわれる領野

それは巨大な一本の流れであり
海が蒸発して雨や川になって
また海へ戻るように無限の循環にある

自然をみればわかるように
みんなこの秩序に流れている

またその流れに並行して
社会という人間世界が進行する

お金や人間関係などの現実的な問題は
このなかでのみ起きている

 

1.

ここで大事なのは「存在」
という観点で自分たちをみたとき
そこには自由の余地はないということだ

「流れ」は常に決定されているからだ

だが間違えてはならないのは
大きな流れがあるだけであり
そこに個人という区切りはないからである

だから自由であるかどうかは
まったく無用であり
この大循環そのものが
完璧な自由であるといえる

このサイクルには
はじまりも終わりもない
つまり生死はない

だからいま周囲を見渡せば
突然にこの光景があるのだ

それらは何の理由もなく
ただ偶然に配置されているだけであり
それらに「意味を見よう」とするときに
人間の世界に閉じ込められることになる

 

2.

私たちはこの人間の世界
(意味の世界)で苦しんでいる

常に何かを失い
常に何かに焦っている

どうして自分はいつも急いでいるのか

いったい何に急かされているのだろうか?

その焦りゆえに他者を許せず
出来事を素直に受け容れることができない

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

自己管理の法(32)
人生の制限を解除する
愛される法
自己管理の法(29)
いまこの瞬間にある方法
手がかりをさがす(後編)
キャラバンはいつも賑やかだ
存在