他者から自由になる

他人は地獄であると
サルトルは言った

他人の意識に押しつぶされて
自分自身を見失えば
その通り地獄となる

だが自分を見失うとは
存在が消えるということではない
その逆なのだ

自分を見失うというのは
己が主義主張に塗れるということだ

なぜ自分はこうだと言いたいのかね
なぜあいつはダメだと言いたいのか

それは他人の意識に
振り回されているからに他ならない

その終わりのない戦いで
何が一番恐ろしいのかといえば
すべての人間が正しいということだ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. tamatama3 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. TOMOYA より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事