光背を放つ瞑想

子供の頃の包まれていた感じ
別になにをするわけでもないけども
安心できていた感じを
思い出せるかな

特別な日はなおさらだ
クリスマスなんてそうだね
歩いてるだけで
なんだか嬉しくなってしまう

大人になってからだって
気持ちの良い朝とか
優雅な気分の夕方だとか

理由もなくそういう
満たされ感に
包まれることがある

でもみんなそれは
外の何かが与えてくれたと
思っている

それがほしくて
我慢して週末を待ったり
お金を払って求めたりしてきた

でも全部過ぎていく
指の隙間を流れ落ちていく
もうその繰り返し

そうなるとやっぱり
人生は虚しくなるわけだ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes, 瞑想 , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. tiktak3926 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • tiktak3926 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. tamatama3 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. tamatama3 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. 涅槃の書-自分 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  6. tamatama3 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  7. tamatama3 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  8. 普通さん より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 普通さん より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  9. izanami より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事