あなたがいるからこの世界がある

この手記のタイトル「あなたがいるからこの世界がある」は、たとえばあなたが重い現実を抱えているなら「私がいるせいで、みんなに迷惑をかけているのか」となるし、ハッピーであるならば、まさに心が世界に映し出されてると実感するだろう。

どちらもその通りだ。つまりタイトルは二面的ではない。あなたが気づかなければならないのは、朝も夜も、男も女も、幸せも不幸も、それを浮かびあげている「自分」という一元性に鍵があること。つまりこの世に責任は一切ないということだ。

 

1.

人生の問題を解決するというのは、たくさんお金を稼ぐことでもなく、理想の相手と一緒になることでもない。誰かを打ち負かすことでもない。そうなってもまた「足りない、足りない」と慌てふためくだけだ。

つまり解決とは外側をどうにかすることではなく、「自分のことを解決する」ということにある。あなたがいまどこにいて、どんな状況にあろうとも、「自分」こそが人生最大の問題であり、それだけが人生で着手すべき、たったひとつのプロジェクトなのである。

 

2.

そりゃ食べるために働いているのだろう。だが「食べなきゃならない」とばかり言って繰り返してると、いずれ死がやってくる。死んじまうと食べられない。じゃあ何のために必死に食べてきたのか。生きるために食べてきたはずだ。

生きるってなんだ?それはたくさんのことを体験するということだ。別に大層なことをやれってわけじゃない。それをしたから何だってわけでもないし、何かを獲得するわけでもない。

そんなことはどうでもいいのだよ。ただ潮風に包まれて、人々の群れの中を歩いて、笑ったり嬉しかったり感動したり、そういうことに「積極的に触れていくこと」にあるのだ。

 

3.

いまのあなたの人生は、充電したバッテリーを一度も使わずに放電させてるようなものだ。空っぽになったら不安だからとまた充電をはじめる。その電力をまったく活用していない。

生の本題とはバッテリーをフル活用すること、つまり「生きること」をフル稼動させることにある。それはバッテリーが生み出す創造的なパワーにビリビリしびれるということだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ハイライト より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. 愉快 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 愉快 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 愉快 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. tomonori より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

意味にすら意味はない、すべてはあなたの中のお話
世界をあなたの遊び場にする方法
望みの世界で暮らすには
神の竪琴がきこえる
社会で生きていくために(3)
そこに見えてる世界があなたに教えてくれる
人生とは思い出を作っていくということ
神の怒りから自由になる