占いが当たるということ

日々いただくメールのなかで「自分は人生に見放されてしまった。これから何を拠り所にすればいいのか」という相談が多くあるので、返答した内容を引用しながら手記に残しておくよ。

1.

みんな恋や会社での人間関係や、お金や健康について悩んでいるのであって、つまり「拠り所」としたいのは、そうしたものから離れた「強さ」のあるものや自分を守ってくれるもの、いわゆる神秘的なもの、スピリチュアルや占星術、また「運命の手引き」となるような何かを求めているわけだ。

確かに人類は古来から風水や天体を指針としてきた。王や帝国は常に神の声を聴き、そしてそれに従っていた。だがそれらは現代人の発想とは異なる観点で捉えていたものだ。

つまりこの世は巨大なエネルギーの中であり、その流れを「掴むため」のアプローチとして、古来の人々はシャーマニズムを入り口にしていたにすぎない。

だが現代人はその手段そのものを目的としてしまう。

もちろん風水や占星術などを否定しているのではなく(私も大いに活用しているからね)、大事なのはそれらが「不明な未来への道標ではない」ということを理解することにある。大いなるエネルギーの流れを掴むためのものなのだ。

2.

「でも過去に占い師に言われた通りになったことがある」と言うかもしれない。もちろん当たるといえば当たる。なぜならば、

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. imacocojin より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • mhayata より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事