“つながり”は安らぎと勇気を与えてくれる

「つながり」という言葉は、よく「人脈のことだ」と混同されていたりする。

実際”その誤解”によって人間関係は面倒なものとなるわけで、そしてまた、安らぎや心の余裕もないまま、”自分ひとり”の力で人生に立ち向かわなければならないことになる。

厄介なのは「つながり」の意味を誤解している限り、上の一文もまた誤解するというジレンマにあることだ。

つまり「そうか、自分を押し殺してでも他人に打ち解けていかなければならないんだ」とか「安らぎを与えてくれる相手や、勇気づけてくれる相手を見つけなければならない」といった具合だね。

そしてそういう巡り合わせがない自分にますます悲観的になり「どうせ自分はこの世から除け者にされてるんだ」と、ますます「つながり」から外れてしまうことになる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

-->