現実が夢になるとき

「恋人に捨てられるかもしれない」

そんな悩める友人を励ましているとしよう

だがどのような助言をしたところで
友人の頭には入らない様子で
延々と繰り返される嘆きや愚痴を
ただ聞いてやることしかできない

恋とはまさに夢のようであり
良夢にしろ悪夢にしろ
その物語に閉じ込められてしまう

つまりあなたはその恋の様子を
外側からみているわけで
そこには深い眠りに落ちて
夢にうなされている友人の姿がある

だから夢の外側から
アドバイスをしたところで
友人の心には届かないわけだ

これはもちろん生活や
人間関係の悩みにしても同じであり
人は夢に閉じ込められ
その世界が真実だと思い込んでいる

かつてその友人も
失恋した同僚を慰めていたことがあった

そのとき言っていたのは

「恋って怖いね
違う自分になっちゃうんだから」

しかしいままさに
その友人さえも違う自分になってるわけだ

 

夢見のパラドクス

このように
夢から目覚めているときは
自分が夢を見ているのではないことを
わかっているのだけども

だがここに
奇妙な循環が生じることになる

というのは夢を見ているとき
誰もが自分は目覚めていると思っているからだ

実際眠っているときの夢もそうだね
ここが夢の中などとは思ってもいない

目覚めているあなたからすれば
友人の言動は”現実離れ”していて
どこか狂っているようにみえる

しかしそれは友人にはその夢の世界が
真実の世界だと思っているからにある

繰り返しておくよ

あなたは友人をみて
「この人は夢をみてるんだ」と捉えている

それはもちろん自分が目覚めていると
知っているからだけども
ところが夢見の人も同様に
自分は目覚めていると信じている

そうなるとおかしなことになるね

つまりあなたもまた
いま夢を見ているということなんだ

 

目覚めよ?

さあここはどこなんだろう?

そしてこの「抜け出せない循環」において
2つの真理が明かされることになる

まずイエスや釈迦のいう「目覚め」とは
なんだろうかということだ

夢見の人は自分が目を覚ましていると
信じているわけであって
つまり目を覚ましても
やはりそこは夢の中となる

じゃあ覚者たちは
「目覚めよ」なんて言っていたが
彼らこそ「寝ぼけたこと」を
言ってるのではないのか?

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。また半角記号(スペースやクエスチョンマークなどの感嘆符)は文字化けなどのエラーになりますので使用しないでください。使われる場合は全角文字でご使用ください。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するため)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。
・コメントシステムはWordpressを利用しておりますので他でWordpressアカウント(Gravatar)を設定されている場合、アイコン画像がコメント欄に表示されます。会員登録されたメールアドレスで紐づきますので、もしアイコンを表示させたくない場合はお手数ですがこちらより涅槃の書の登録メールアドレスを変更してください。

  1. Noppo より:
    全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます→
    • 涅槃の書-自分 より:
      全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます→

コメント・質疑応答

  関連記事

-->