忘れてしまった幼き頃のあのこと

いつも「時間がない」と感じていないかな

そうして「時間がない」ゆえに
食事や睡眠もろくにとれず
新しいことをはじめる暇もない

一緒に暮らす家族や動物たちとも
まるで触れ合う暇がない

いつもピリピリしていて
話しかけられてもうわの空

ゆっくり過ごすなんてのは
もはや遠い昔に耳にした幻であり

とても「くつろぐ」なんてことはできない

やってみたところで
そのふりをしているだけであって
心はまったくそれどころではないわけだ

 

1

しかし本当に時間がないのだろうか?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . ご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ 会員について


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事