演じる自分をやめる

人に対して腹がたつとき
その人に原因を追求するのではなく

演じていた自分がいなかったかを
よく思い出してみることだ

正しい人間だと思われたい

文句の言われようのない
従順な人間だとわかってもらいたい

怒りが尾を引くのは
そうした演じた自分に
息苦しくなっているだけであり

それがわからないから
相手に責任があるものだと思っている
まあケースにもよるがね

本当の善や悪なんて
そう滅多に遭遇するものでもない
多くは虚構と想像によるものだ

もしそうであると判明したのなら

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. zerozero より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. ハイライト より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事