循環というひとつの大きな作品が宇宙の正体だ

ある作曲家が模倣だと訴えられた

だが元ネタの誰かの作品も
生まれてからいままでの
知識や経験の影響によるものだ

つまり宇宙からの模倣だったとなる
個人が生み出すオリジナルなど
存在しないということだよ

オリジナルがないということは
別の視点でみれば
すべてがオリジナルということだ
いわば「宇宙全体」のオリジナル

どんな作品にも神が宿っている

しかし法律や独占者のおかげで
誰もが宇宙を感じることが
できなくなっている

「これは私の作品だ」という主張だけが
作品として扱われる

ゴッホの絵は
ゴッホだから素晴らしいのではない
エゴがまったく邪魔しない
純粋な彼の絵には
宇宙の息吹が感じられるからだ

思考が解釈するすべては
それそのものを示すことはできない
思考はゴッホやピカソやらと
カテゴライズを持ち込んでくる

そうではなく作品の裏側にある「それ」
常に「それ」がただあるだけだ

では作品とはなにか
それは語り継がれていく何かだ
語り継がれるとは、循環のこと

この宇宙は循環している
循環こそがあるがままの性質であり
それを人は生死や成長、栄枯盛衰、
美などと言葉で表現する

釈迦の言う生老病死や愛別離苦なども
循環を別名で呼んでいるに過ぎない

つまり世界に作品は実在しない
この世界そのものが作品なのだから

作品という表面を見ているだけであり
裏側にある「それ」が循環しているのだ

すべてのアーティストは循環機だ
アーティストだけに限らない
仕事をする人々、農家や投資家など
彼らは物質や金を動かしているのではない
裏側にある「それ」を
循環させる役割を担っている

ただ生きているだけで
あなたも何かを循環させている
例えばその肉体、食べ物、呼吸、
水、感情、視界

だから職業や生き方なんてのは
何だって良いのだよ
あなたが循環をやめるときに
肉体が器官の役割を終えるだけであり
新しい循環を作る為に「それ」はまた
肉体を発生させる

これがあなたの正体であり
生まれてきた理由であり
その生命の秘密なのだよ

宇宙も地球も木も石も肉体も感情も
何から何まですべてのものが
循環そのものである

あなたの見たもの
聞いたもの感じたもの
それらは表面的なものだ
中身は全部同じ「それ」で満ちている

表面に囚われてはいけないよ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事