強くなりたい

心が弱い人ほど他人を許せなかったり
いつも他人に縛られて生きている
逆に心が強い人ほど
他人を気にせず相手にさえしない

そんな風によく語られる

たしかに他人を気にしない生き方なんて
どれほど”素敵”なことだろう

他人の価値観に合わせることなく
自分自身の価値をちゃんと持っている
己の生きる意味を見出している

自由で実りある人生が拓けているような
そんなイメージが浮かんでくる

というわけで誰もが
“強い人間”になりたいと願うわけだ

そのためには当然いまよりも強くなって
他人に打ち勝てるようになろうと考える

ところが心身を鍛えて隆々になったところで
まったく気軽な人生にはならない

たとえ自分の鍛えた姿を見せつけて
他人を引き離したところで
それは結局
他人に注意が向けられているからだ

より達者な相手に遭遇したら
また元の木阿弥となるだろう

つまり最初の一歩目から間違えているのだ

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. 愉快 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 愉快 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 愉快 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 愉快 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 愉快 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 愉快 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • shiy より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 愉快 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 愉快 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 愉快 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. 愉快 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 愉快 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 愉快 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 愉快 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

それがあなたなのだ
苦しいその場所で光を灯す
その手に世界が転がるとき
アーラヤ放送局が電波を配信中
意識と無意識(後編)
望みの世界で暮らすには
生きていくための「理由」
出会う以前から結ばれているからこそ恋人は現れる