苦悩という贅沢

いつも話しているように
私たちは言葉でできている

だからあれこれ考えてしまうのは
性分のようなものだ

言いかえれば
考えない人というのは
あまり人間らしくはないといえる

良い意味でも悪い意味でもね

とはいっても人間を演じるのは
なかなか疲れるものであるし
難しく考えたりせず
シンプルに構えているほうが
だいたいはうまくいく

果報は寝て待てと言うように
すべては流れているもの

もっといえば
実際なにも考えなくても
なんだかんだで流れていくということだ

これまでの人生を振り返れば
実際そうだったろう?

あれこれ思い悩んだりしてきたが
人生の流れについて
己は何をしたというのだろう?

たしかに意を決してチャンスに
飛び乗ったことはあった
それによって新しい人生が拓けた

だがそれはむしろ
考えることをやめたから
飛び乗れたのだ

だから人間というのは

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

高次元に移行して自在なる存在となる(3)
すべて自分が作り出している
真理とはなにか
禁煙の方法について
自由とは眠りから目を覚ますこと
あなたは何者なのか(2)
約束の地に向かう
悩んでもなにも出てこない