瞑想によってみえてくるもの

忘れがちになることだが、私たちは”自然のなか”で生活をしている。都会のタワーマンションで暮らしていてもそうだ。

学校に通ったり、就職したり、恋をしたり、そうした人生における活動のすべては自然のなかで営まれている

空を見上げれば飛行機がどこかへ向かっているが、それは”大空のなか”を飛行しているのである。飛行機自体や旅行先などに囚われてしまって、この単純な事実に私たちは気がつかないでいる。

あなたが外を歩くとき、今日の服装や行き先や他人の視線に気が向いて不安になったりしているけども、大地や大気に包まれた揺るぎない自然のなかを歩いているのだ。

だから仕事にしろ家事や食事にしろ、誰かと過ごしているにしても、己は自然のなかにあるのだとまず自覚すること。そして”自然と調和していること”が大事となる。

アダムはどこにいるのか

これは言いかえれば、いま自分が現実上で関わっているすべては、自然の流れが「そのように見えているだけ」だということだ。

よく「人は自然から生まれて、やがて自然へと還っていく」なんていわれるが、実は一度も自然から外に飛び出たことなどないのである。

旧約聖書において最初の人は土から作られたとされるけども、依然として無辺の大地(自然)がここにはただあるだけで、幻想世界の住人として人は現象しているにすぎない。

つまり、”誰”もいない大地と大空の狭間を吹き抜ける風のなかで、ヒソヒソ話が囁いているだけなのだ。

すべてが同時に動いている

ところで「瞑想をしているときはどんな境地になりますか」という質問が度々くる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. ひとつの光 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. 226light より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. 226light より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事