自分と出会う

人との出会いを重ねていくだろう
だが結局同じ人物と知り合っているのだ
何百人と巡り会っても
あなたは毎回同じ人物と衝突をしている

顔や年齢、性別も関係がない
あなたが変わらない限り
同じ人が今日もあなたと巡り会う

恋人が出来てもいつも同じ展開になるなら
それはあなたが同じだからだ
上司が嫌で職場を転々としても
同じタイプの上司がそこにいる
それはあなたが同じだからなのだよ

あなたの交友関係を見てごらん
色々な性格や雰囲気の人々がいる
それらはすべてあなたの一面を現している

あなたがネガティブな面を失えば
その性質を持った知り合いは消える
どこかへ行ってしまう
または彼がこれまでとは違った人となる

あなたはあなたと出会う
それが世界の法則となる

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. 五月雨祭 より:

    観念を抜けて今を満喫するという奴ですね。
    今週のヤングマガジンに掲載されている砂の栄冠に出てた主人公の心境そのものになり溶けていく‥ように見える(見てるのは居ませんが
    暑さや不自由もまた今の楽しい自由。
    次の瞬間にどんな自分と会うのかな。
    >これまでとは違った人
    そういえば‥ある時期まで嫌っていたチームをアンチしなくなったら浦和レッズは不思議と負けなくなりました。
    色んな自作自演してたとしみじみ。

  2. 自分 -涅槃- より:

    五月雨祭さん

    言葉では表現できない類いのものだが
    すべては溶け合わさっている
    つまりひとつだ

    だがあなたの想念が
    そのヴィジョンを起こす
    ヴィジョンとは心の様子のこと
    つまり心が心を循環させている

    別の方にしたコメントだが
    そこに壊れている家電製品があるとしよう

    当然あなたは「壊れている」と解釈する

    だがそれは
    あなたが壊れているとしているだけで
    壊れている、という事実はないのだよ

    中でショートしているのかもしれないし
    「稼働しない」

    稼働しない、も解釈だ

    それら解釈を取っ払っていけば
    何も壊れていなかったことに到達する

    逆にいえば
    「稼働していた」ときも
    稼働していたのではなく
    あなたがそのように解釈をしていたのだ

    これは稼働している、とね

    その解釈を取っ払えば
    何も稼働していなかったということになる

    難しいかね

    つまりその一瞬の姿だけがそこにあり
    それ以外の瞬間はそこにはあり得ないのだよ

    だがあなたは記憶から解釈を用いる

    何でもそうだ
    例えば誰かのことを思うとき
    あなたは解釈、つまり比較から
    その思いを導き出す

    そのトリックに気が付けば
    あなたはすべてから解放されるだろう

    理屈ではなく
    体感であなたは世界というものを知る

    部屋の物をみつめて
    この話の理解を深めてみなさい

  3. A より:

    自分さんこんにちは。
    最近浮いてくる自分のエゴにも気付けて『見てる』も少しづつ分かってきました。
    最近なにやら変化が起きてるみたいなんです。
    誰と出会おうと自分、恋人やお金が欲しいを突き詰めると自分に戻る為って分かったら、あまり乗り気のしなかった相手と食事に行ったんですが楽しかったのです。
    最近私の好きな過ごし方(気分)をしたり自分なりにエゴに邪魔されない『自分に戻る』を実践してて、相手関係なく私の好きな金曜日の過ごし方をしてみようと会ったのですが、この楽しい気分に目の前にいる相手はあまり関係ないのが確認できました。
    いつものがっかりがなかったのです。私はあの心地良い気分を相手が運んでくれると思って相手に依存してたのだと良く分かりました。
    また、少し依存的な長年の友人と週末食事したら彼女が別人の様に楽しみたい、自分一人で旅行したり今まで出来なかった事をしてみたいと言っていました。驚きです。
    相手が自分だと分かると期待とか取れる時間が作れる様になってきました。不思議なトリックですね。自分さん教えてくれてありがとうございます!すごく軽いです。

  4. -自分- 涅槃 より:

    Aさん

    それは暗示でも催眠術でもないのだよ
    あなたの関わる他者とは
    あなたなのだ

    あなたの見たままの人物がそこに存在する
    それは完全なオリジナルとなる
    あなたにとってのその人は
    私にはまるで違う人に映る
    つまりあなたとは、
    あなたの見ている世界の方なのだよ

    逆にいえば
    見ている、と思っているあなたは
    どこにもいない

    誰かに自分のことを聞いてごらん
    そしてまた別の人にも聞いてみるといい
    それぞれが違うことを言う
    これは何を意味するのかといえば
    彼らの言うあなたとは
    彼らなのだよ

    人間として暮らしていると
    すべてが逆になる
    そこを見極めながら
    世界と関わりなさい

    もうひとつだけ
    伝えておくよ

    火は熱い
    手をいれるまでもない

    世界はあなたの善も悪も表現する
    だから明らかに合わない人がいれば
    それはそうなのだ

    あなたの中の一面が
    そこに存在している

    そのメッセージを受け取ることが
    世界を認めるということだ

    火は熱い

    あなたは知っているね?
    じゃあ、どのように関わっている?

    それはあらゆることにおいての
    基本となる

    人もお金も健康もね

    当たり前だ、というだろうが
    その解釈とは次元が違う

    人もお金も健康も
    それらはあなたなのだ

    その意識のまま
    それらに関わりなさい

    もう恐れはない

    • A より:

      自分さんお返事ありがとうございました。

      明らかに合わない人への接し方は分からなくなる時があります。
      今はこの人嫌いと認める事にしました。
      これって自分を嫌いってこと?とエゴが何か言ってる時がありますが、まだよく分からないのでとにかく嫌いと認める事だけ実践中です・・・・

      カウンセリングでようやく吐き出せたのですが、私は母親嫌悪を持っていたのに認められず苦しんでいました。

      「自己犠牲的であんな風になりたくない」
      「母親は私の為には努力してくれない」

      これが結婚から逃げてる理由でした。頭で結婚しようと思っても何かが嫌がって邪魔する。結婚の話も、意識的には悪気はなくても無意識に私が傷つく事をしてくる。女性らしい母親をするのを母親が嫌がるのです。これを幼少の時から「私に愛情を示さない」と私は無意識に捉えているようでした。
      私が女性らしい格好をするのも何か過剰反応してきます。

      「母親は私の為には努力してくれない」を見るのが嫌で相手に会わせる事も苦痛でできませんでした。
      母親嫌悪もカウンセリングで吐き出せたので気になりませんが今は母親と距離を取っています。

      それから5歳以上年上の女性や友人、上司にも距離を取りたいと人や時期を変え思うようになりました。みな自己犠牲的で自信がないタイプ(と私の観念がある)

      あなたの中の一面が そこに存在している 
      →自己犠牲的で自信がない、嫌っていたのに自分も自己犠牲的に。不幸な時は大体おしゃれから離れる(母親へのああなりたくないを反映)

      そのメッセージを受け取ることが 世界を認めるということだ 
      →メッセージを受け取る?自己犠牲をやめておしゃれをしなさい?母親が嫌いと認めなさい?

      私は母親が嫌いと認める、嫌いな人として関わると言うことでしょうか?もう少し詳しく教えて下さい。長文すみません。

    • -自分- 涅槃 より:

      Aさん

      あなたは「相手とどう関わるべきなのか」に
      意識を向けている
      それはつまり相手の態度や状態によって
      あなたは振り回されることを意味する

      本書がよく
      意識の向きを内側に向けよ、と伝えるのは
      相手や対象がなんであれ
      それはそれである、という
      本来の見方ができるためだ

      あなたの在り方がすべてであり
      内側に光を灯しているとき
      他者はあなたに何の影響も与えない

      例えばあなたがいまひとりでいるのに
      お母さんのことを考えているならば
      あなたの内側は真っ暗ということだ
      自分で仕掛けた罠にかかっている

      火は熱い
      どうすればそれをそのまま認めることができる?

      実はこの問いがすでに錯覚であり
      「どうすれば」という時点で
      火に囚われているのだ

      あなたが内側に意識を向けるとき
      火はただそこにあるだけとなる

      それが認めるということだ

      だからあなたの質問に答えるならば
      嫌いな人として関わるのではなく
      「人がそこにいる」ということになる

      ただしそれは
      そのようにしてそうなるのではなく
      あなたの在り方が変わることで
      結果的にそうなっているものなのだよ

      世界に対して
      主体でありなさい

      自分自身を生きてみなさい

    • A より:

      お返事ありがとうございました。

      だからあなたの質問に答えるならば
      嫌いな人として関わるのではなく
      「人がそこにいる」ということになる

      なるほど。内側に意識を向けて、ただそこにいるーが認めるってことなんですね。
      この人嫌い、火は熱い、が認める事だと捉えてしまってました。
      そうじゃなくてただそこにいる、だったんですね。

      母親に対して囚われるのは一段落したのですが、同じような内容を違う人でやってる気がします。
      まさしく、 あなたが変わらない限り 同じ人が今日もあなたと巡り会う
      内側に意識を向けて、ただそこにいるーーをやってみます。

      主体に関しても混乱ポイントがあるのですが、新しい記事にコメントさせていただきます。ありがとうございました。

    • -自分- 涅槃 より:

      Aさん

      その通り
      あなたが変わらない限り
      世界はそのままだ

      精神論などではなく
      世界を認識しているのがあなたである以上、
      そのフィルターを介してしまうからだ

      だからといって
      違うものを選ぶというのではなく
      世界を見ずに自分自身を見ることで
      何があろうともそれは単なる置物となる

      世界で一番好きになるべきものは
      誰かでも何かでもなく
      あなた自身なのだよ

      自分自身を愛しておれば
      怖いものはなくなる

  5. A より:

    ここでこんなこと書くのも聞くのもなんなのですが、世界が提示した事に抵抗しないをやってみたのですが。
    バーに友人と行き隣の外人と話す事になりました。
    話していたら彼が私の頬にキスをしました。
    普段なら抵抗しますが、自分さんからのコメントで、世界があなたにキスをする、を思い出しこの外人は自分だし抵抗しないをトライ。
    だからと言って彼にときめいた訳でもないし心に聞いても特に彼に対しては何も感じません。
    世界が私にキスをした、が起こっただけという事でしょうか?

    実は翌日留学先でお世話になったご家族が日本に来ていたので会いました。そこでも挨拶で頬同士でキスをするのですが、キスをされるがただ起こっただけなのかな?ちなみにその外人も同じ国の人でした。
    これがその内好きな人が世界に顕現されてキスをするへと流れるのだろうか。

  6. A より:

    しかしエゴというのは厄介ですね。
    挨拶のキス(ビズ)は嬉しいけど、バーのキスは虚しさとイラつきと、見知らぬ相手にキスされてまで確かめなきゃならん程心がclose状態に不甲斐なさを感じます。
    逆にOpenなら露骨に嫌がるって事なんじゃ。
    Openならそんな事態を顕現させないか。
    もしくはそのキスにときめいてるのか。

    ありもしない幻想なのだから、ほ〜不甲斐なさがあるんですね〜って観てましたけどこれでいいのか…
    お!明日ご家族に会うからほ〜らお隣さん外人顕現♪とかそれまでは楽しんで観てたんだけどな自分の世界…

  7. A より:

    この日はこのように思っていたのです。
    自分自身を生きるって、こっちじゃなくて世界の方が自分って事なんじゃ⁇だから世界に対応しなさいでしょ⁇それが自分自身を生きるって事。だってハートが表すのが今ここでしょ。ハートが実存だから。だから自分自身を生きるは逆。
    外人3回頬にキスして来たのだか、世界から試されたかのようでした。
    仮に現状恋人が入れば、逆に1度目はまあ外人だし頬だし笑ってウェルカムでなんとも思わないでしょう。2度目はいい加減にしなさいよ。

    不甲斐なさを感じさせるべく起こった出来事か。観てれば解決などしなくて良いんですよね?この不甲斐なさ。確かに仕事でも無きにしも非ず。

  8. A より:

    全く不自然極まりなかったです…
    しかし世界に対応するなら、エゴを落とすなら、黙って観ているをやってみました。
    ふと湧き起こったのは、私誰かにキスされてない。キスが久しぶり。でも相手は自分として見てたから世界が私にキスをしたという起こりは嬉しかった。世界と仲直り出来た気がして。でも直ぐに、それでいいのか?見知らぬ好きでもない相手、好きな人ができて頭にお花を咲かしてる私でもしてないこんなこと…

    翌日のビズは暖かさと小さな女の子がくっ付いて座った時の暖かさ。くっ付いている事が自然。彼女をずっと触っていたかった。私の今ここにこの人達を現してくれてありがとう。歩き回っても全然疲れなかった。

    今の私の世界の自然(流れ)は一人を思い知る事ですね。ここに抵抗したり背いたり。十分感じたつもりでいたのに。

コメント・質疑応答

  関連記事

お金から自由になる
全体とともに笑う
不幸そのものになるとき不幸を超越する
他人の正体
運命は確定しているのか?
ここが夢の中だと気付く
あなたが歩いているのではなく風景が変化している
自由はその服のなかにある