オヤジは今日も普通に生きている

自分に距離を置く

ただそれだけなのだ
自分がしていること
自分に起こっていること
それらが赤の他人に起こっているように
俯瞰できる場所まで入り込みなさい

自分に距離を置くということは
心(マインド)に距離を置いている

だから心の解釈を介さず
出来事を純粋に察知できるようになる

「ええ、でもそんな悠長なことできませんよ」
「今月の支払いについてはどう考えるんですか?」

そういう心を他人事に見える場所まで離れるのだよ
事実、他人なのだから
あなたはそのあなたではない

だからそのあなたらしき人に起こっていることは
その人に勝手にやらせておけばいい
実にうまくやってのけていくから

それは人ですらない
そこに組み込まれた風景の要素
だから風景ごと変化していく
あなたがその人に同化すると
その人が世界で戦わなければならない
だけども同化しなければ
人も状況もひとつの風景となる
だから世界ごと循環する
川は流れ海に到達する
蒸発して雨が降り山頂からまた川が流れてくる
この循環がその人に起こる、という風景が起こる
そうしてすべては起こっていたことを
あなたは知ることになる

すべては循環している
ただし悪しき循環にならぬよう
心(マインド)の循環にならぬよう
注意しなさい
何もかも循環する

吸って吐くという一連の呼吸も循環
食べて排泄も循環
一日も循環
あなたの一生も循環
入ったものは出て行く
そしてまた入ってくる

エアポンプのようなものだ
ギュッと押せば中の空気が出て行く
手の力を緩めればまた空気が満たされる

あなたはただ循環を眺めているだけでいい
空気を出すときが働きかけだ
出来事を起こらせている
空気が入ってくるときが委ねだ
あなたは何の努力もしていない
自分に距離を置きなさい
出来事の側に立つことができる
起こる出来事そのものが
働きかけだったと悟るのだ
つまりあなたは最初から最後まで
何もしていない

この世界の構造が
音を立てて精巧に組み合わさり続けていることが
見て取れるようになる
決してゼロにはならず
必ずゼロという状態になる

水中のバケツ
エアポンプ

巨大な一枚の絵
すべてはなるようになっていく
あなたの知り得る最高の状態に
なるようになっていく

それを阻止しているのは
あなたなのだ

一見、好都合な展開にできたと
あなたが錯覚しても
それはただの遠回りをしただけ
誰もが遠回り

だから自分に距離を置きなさい
これが瞑想も古来の教えも
そのどれもが示すものなのだよ

その苦しむあなたと
他人との違いは何かね?

必死に難問をクリアして
生き抜いてきた「あなた」はそこにいるだろう
それぐらいその人生は過酷なのだろう

だがね
「あんな無職の人生舐めてるオッサンが
うまくやっていけるはずがない」
というオッサンが
今日も普通に生きているのはなぜかね?

それはあなたが
風景として見ているかどうか
ただそれだけなのだよ

そこに幸せも不幸せもない
ただ一枚の絵があるだけ

唯一、あなたはあなたを風景として見ていない
だから不安定なのだよ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ワモノ より:

    >自分に距離を置く
    >ただそれだけなのだ

    これです
    これだけで良かったんですね(笑)

    私が求めて求めて求め続けた世界はずっと目の前に展開していた
    これから良いことが起こる、ではなく今起きていた、ずっとその中にいた
    まだ確信はしていませんが、そんな気がします

    • -自分- 涅槃 より:

      ワモノさん

      その「距離」が悟りというものとなる。あなたが距離をつかむとき、それまで自分だと思っていたものは、ただそこにあったものだとわかるようになる。

      あなたは思考でも肉体でもない。それらはそこに置いていあるコップと同じものだ。あなたはすべてを見ている者なのだよ。

  2. タタータ より:

    こんにちは。
    本当にここには色々な記事がありますね。

    安定して観ていられる時とそうでない時があります。
    慢性化した不安、不安感から頻繁に起こる動悸。
    その不安、ものすごく大きな黒雲のようで、観ようとしても負けてしまう。飲み込まれるかのように。「こいつがまた来てしまった」という感じ。
    さっきまで内側で安堵していたと思えば、苦手な感情がやってきて意識を
    連れていかれてしまう。
    他人事として完全に観れたら、そんな世界で早く楽になりたい。

    • 涅槃の書-自分 より:

      タタータさん

      私たちはどこから来て、そして何をするためにここにいるのか、またどこへ去っていくのか。

      この探求のために生きなさい。そのために働き、そのために食べて、そのために交流をすることだ。常にヒントは呈示されている。あとはあなたがそれを正しく受け取れるようになるだけだ。

  3. タタータ より:

    自分さん、おはようございます。
    コメントありがとうございます。
    私は人生でやりたいことは、本当の自分と出逢い
    それとして生きていくことだけです。
    「本当の自分」、今は垣間見るだけだけど。
    一言でも良いから、言葉をかけてくれたらいいのにな、なんて思ってしまいます。
    自分さんの手記で「頭だけ見えない」っていうのがあった。
    本当にもし見えたらどんな感じだろう?って思って、もしも自分に、両目以外に飛び出す目玉がついてる仕様とかで自分の頭が見えたらとか・・・・アホみたいだけど想像したら、「え?」ってなった。
    何て言うか、他人を見てるような?
    なんか、見破れそうな?想像でしかないけども・・。

    • 涅槃の書-自分 より:

      タタータさん

      >私は人生でやりたいことは、本当の自分と出逢いそれとして生きていくことだけです。

      よいことだ。あなたがそこにいるということは、すでに本当の自分と共にいるのだから、あとはそれに気づくだけ、つまり、気づきを妨げている要素を落とすだけだ。

      いま空気に包まれているだろう。音が聞こえてくるだろう。肌寒さがあるだろう。誰かが近くを通ればその振動を感じるだろう。そのすべてが「本当の自分」なのだよ。

      もちろん空気や音のことではない。それらは名付けられたものでしかない。その名付け以前にあるもの、すなわち「感じられるという何か」に包まれていることに気づくことだ。その充満した透明な何かにいつも守られていることを感じること、それに触れていることだ。

コメント・質疑応答

  関連記事