みんながいること

小説のなかに様々な人々が登場する

出会いがあって
それぞれが何かを話したり
悩みを抱えていたり
そうして物語は紡がれていく

でもそれはとても不思議なことだ

ただの白い紙の上に
書かれた文字であるからだ

彼らはそれを知らない
主人公もそれを知らない

背景に描かれた並木道も木の葉も
ポンプのパッキンも
マホガニーのカウンターも

そのことを知らない

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

雨のなかを濡れずに歩く
新しい時代へ
高次元に移行して自在なる存在となる(2)
不幸の感染を避ける
大いなる意識のなかで
原因は結果のなかに含まれる
真なる活動、偽りの活動
幻想とはなにか