幸せはいつも反対側にある

瞑想的にあろうとすること
欲望に動かされようとすること
どちらも最初の衝動はおなじ

自己を解放したいからだ

だが瞑想は完全にその目的を
達成し続けるのに対し

欲望はそこに到達した途端
急激な衰弱に陥り
その継続の不可能性に気づく

そして結局は
永続する満たされない苦しみに
とどめを刺される

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

自己管理の法(32)
愛を知るときすべてが叶い始める
ストロボが光るとき
何もいらないという幸福
人間観察
謹賀新年
自分を好きになる
「私は完全に失敗している」