社会と人間

相手に合わせてしまう癖がないだろうか。気づいたらいつもお調子者になっていないだろうか。そしてあとで自分の情けなさに後悔していないかな。

こうした「癖」は子供の頃からの情操教育で「相手の立場になって接しなさい」と教えられてきたためであるが、私たちはそれがごく当然のことだと染み付いてしまっている。たとえどれだけ悪態をついても自分が悪態をついていることをわかっている時点で、やはり相手を意識しているのだ。つまり常に他者に意識が向かっている。

道徳や倫理観は綺麗な言葉でまとめられる。「思いやり」だとか「気遣い」とか、「配慮」とかね。それらは悪いことじゃない。やるやらないは別として「してはならないことだ」とは思わないだろう。

だが実際のあなたはどうだろうか。誰かと接して「相手を立てる、相手に合わせる、同調する」といったとき、ある種の恐れのようなものがないだろうか。

「こうしなければならない」という外的な規範は、あなたに落ち着かなさや不安、焦り、恐怖を与える。これは世界各国で同様のことであり、つまりあなたと同じ「恐れ」を、目の前の相手も同様に感じているのだ。

1.仕込み済みの世界

人間関係や人生そのものを「厄介で面倒で重苦しいもの」にしているのは、このなぜだか感じてしまう「恐れ」に他ならない。ビジネスを始めるときも、素敵な異性に声をかけるときも、ただ普通に働いたり、家族を会話をするときだってそうだ。自分の本当に接したいやり方、本当はこうでありたい、といった自由を完全に奪われている。

そうであるから誰もが神社で願いを捧げたり、恋愛ドラマを見て自分もそれに憧れたり、願望実現などの本が売れるのだ。

この世の「見本」となるすべて、つまり神社にしろ願望実現や恋愛成就といった概念などが、まるで「用意されたかのように」ぶら下げられていることに疑問を持たなければならない。すべてが仕組まれているのだ。

物事に自由を見出そうとするのは、いま自分が不自由を感じているからであるけども、このような観点で世の中を見てみれば、流行や話題も最新商品も、昇進もボーナスも資格取得も海外旅行も、あらゆるものが「そこに自由を思わされているだけ」のものだとわかる。

ゆえにどんなに「自分は自由に生きている」という人がいても、それは用意された自由のなかで泳がされているにすぎない。そして彼らはやはり恐れている。恐れがある限りは自由とはいえないのだ。

2.見えない鎖

繰り返すけども、相手を思いやったり同じ瞬間を共有し合うのは良いことだ。だがここで問題としているのは、その良いことのために「恐れを抱く心」が、生の不自由、すなわち目に見えない鎖で縛られているということにある。

実際誰かと分かち合う喜びというのは、その恐れが消え去ったときに恩寵として起きているものであり、あらゆるポジティブな躍動は鎖からの解放を意味している。それが自由なのだ。それを獲得するとき、あなたはこの世界という巨大な家の「持ち主」となる。何も持たないゆえに「すべてを持っている」ということだ。

さて今回はなぜそんな鎖に縛られているのか、そしてどうすれば解放されるのかについて話そう。

3.社会の根底にあるもの

西洋でいえば中世ごろまで、日本は明治以前まで、支配者は恐怖による権力で民衆を治めていた。晒し首とか磔とか、罪を犯したものは公開処刑で見せしめにされていた。現在の死刑罪は誰の目にも触れず厳かに行われるが、以前までは公衆の面前で刑罰のパフォーマンスを行なっていた。無論、支配者はその権力を誇示するために打ってつけであるからだ。

また国王を祝うようなパレードもそうだ。己の権力を見せつけることがその前提にある。誰もがその威光に頭を下げる。

ところがそうした力での制圧は、逆に力によって覆される危険性を孕んでいる。フランス革命でもみられたように、民衆が団結してしまえばいくら王とはいえど、その足元から崩されてしまってはどうにもならない。数百年続いた従来の支配のスタイルはもう限界にきていたのだ。そして新時代へと変わる。

4.新しい支配システム

実際、1793年にフランス革命裁判でルイ16世や妻のマリーアントワネットが斬首刑にされたあと、オルレアン朝を経た1840年ごろには、見せしめの身体刑は廃止され晒し台も撤去されていった。そしてそれまでとは打って変わり、人目につかない刑務所に放り込まれてそこで社会的な矯正をされるようになった。

これはどういうことかといえば、民衆支配をそれまでの「邪魔者は死なせる」というやり方から「役に立つように生かせる」に変えたのだ。だが支配が「緩くなった」と思うのは早計であり、実はもっと巧妙に民を支配するためのシステムに移行したのだ。

つまりそれまでは反乱を起こした「罪人だけ」が支配者の矛先が向けられる対象とされていたが、その変革以降はすべての民衆に「あらかじめ反乱が起きないように」制御しはじめたということだ。

5.社会を刷り込ませる

これまでの話で読み取れるように、国王は反乱を恐れている。だが力での支配はいずれ覆される。じゃあどうすればいい?「常識」を植え付ければいいのだ。

学校でも会社でも社会でもどこでもそうだが、人は自分が理不尽に感じると反発しはじめる。だから人々を支配する最も良い方法とは「自分が支配されていると意識させない」ことにある。つまり「人々に自由だと思わせつつ、意のままにコントロールできる仕組み」を作ればよいのだ。順に説明していこう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • aslan より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. TOMOYA より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. TOMOYA より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事