与えたものは大きくなって戻ってくる

あなたはその肉体が
自分自身だと錯覚している

指よ動け、と念じてみなさい
動くかね?
実際に指が動いているときとは
ただ眺めているに過ぎない

つまり肉体の動作はあなたの意思ではない
肉体が動作した後にそれを知るだけだ

寒いときは
「寒いという風景」を見ている
ケガをしたときは
「痛いという風景」を見ているのだ

肉体ですら天候や日々の出来事
他者の言動などと同じ「風景」なのだよ

雨が降り
川は流れ
海が蒸発し
雲が発生し
また雨が降る

すべては循環しているのだ

肉体も同様に循環を繰り返している
細胞分裂しかり食事や排泄しかり

さらにあなたの行為は何かに影響を与える
影響を受けた何かはさらに何かへ影響を与える
いずれその影響はあなたへ還る
すべては循環しているのだ

この視点に立つとき
すべてはひとつの大きな存在であることを
知るに至る

お金は使いなさい
どれだけ忙しくても他者へ力を貸しなさい

失っているのではないのだよ
与えているのだ

すべては循環しているから
与えたものは
大きくなって戻ってくる

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , ,

コメント・質疑応答

  関連記事