一流であること

時代柄もあって会社勤めをやめて
自分で商売をはじめたいという
相談がやはり多いね

「うまくいくでしょうか?」
といったものだ

だがそうした相談によって得られるもの
起業や開業しないまでも
いまある暮らしのなかで
日頃から気づいておかなければ
ならないことだといえる

もしそこに気づいているならば
独立開業を選択する”しかない”という
狭まれた状況からも抜け出せるだろう

つまり大事なのは開業した果てに
「もしこうなったらどうしよう」と
対策を打とうとすることではなく
そのような考えすらも出てこない
精神性がすでに養われている必要がある
ということだ

とは言え、とりあえず飛び込んでから
もみくちゃにされて
その後戻りできない状況で
自ら気づいていく方が多いがね

 

 

1

さて、これまでも同じ質問には
何度か答えているから
今回は別の角度から回答してみよう

自分で商売をするというのは
それがラーメン店であれ
ウェブデザイナーであれ
それは自分が一流であるという自覚
土台にあるということだ

だけどもそれは
「あの実力者やあの大型店に
勝さる力がなければだめなのか」
ということじゃない

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事