スピリチュアルにはまるということ

「スピリチュアルにはまっています」という話をよく聞くけども、スピリチュアルや宗教などの霊的次元に深く親しむというのは、より現実的に生きると言うことである。

現実逃避の方法ではなく、現実に”向き合う方法”がそこに語られている。本書もそうだ。そこを間違えてはならない。

迷路を抜けてもまた迷路

ここで注意しなければならないのは、スピリチュアルにしろ宗教にしろ、この現実世界のなかに現れているということだ。

たとえばある人が日頃の現実にうんざりして、たまたまニューエイジや神秘思想などの本を手にしたとき、日頃の現実を「拒絶」するための根拠として、それらに傾倒しはじめる。だいたいはみんなそうだ。寺に出家する僧も発端はそうであるし、釈迦でさえも最初はそうだった。

だがその場合の「私はいまスピリチュアルにはまっている」という意味は、真にスピリチュアルや宗教世界に”はまっている”のではなく、相変わらずの現実にはまり込んでいるにすぎない

現実にどっぷりはまっている事と何の違いもないのである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. tamatama3 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. imorder より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. imorder より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. imorder より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. imorder より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事