ヒーリングライフ(7)

space22

さてシリーズの最後は視覚についてだ。今回のシリーズは嗅覚、触覚、味覚、聴覚、と進めてきたが、衰えているものから順番に覚醒させるよう話を進めてきた。そして最後は視覚となる。視覚という部署は五感のなかで常にオーバーワークだ。他の器官で取り扱う仕事を視覚にやらせているからだ。あなたは目で匂いをイメージし、目でそれに触れたことにしてきた。それは本当に愛する家族や恋人に触れたことがあるとはいえない。あなたが思考という妄想癖を落としたときにはじめて、人の温もりがわかるのだよ。

さて視覚だけは他の器官と違う点がひとつある。本当は違うわけではないのだが、あなた自身がその”違い”を作ってしまい、それが人生を幻想にする要因となっている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes, タオ, 瞑想 , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. lovelyrainy より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • lovelyrainy より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • -自分- 涅槃 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

背後で流れる大きなエネルギーを知る
自己管理の法(28)
不幸をやめる
あなたがいるからこの世界がある
懐中電灯で照らした先
充実感に満ちた日々を送る
人生の悪循環と好循環を知る
本当の自分はどれだろう?