儚い世界を後にする

あなたの前に世界が広がっている。社会がある。誰かとの関わりがある。そこにハッピーが渦巻いているなら、あなたは「ひとり」だということを知っている。唯一無二の存在だ。

だが多くの人の世界は儚く悲しいものである。それは「独り」だからだ。つまり孤独。どこまで耐えられる?誰もいない寂しい世界、時間や物事が過ぎていく中で、どんどん体はボロボロになっていく。竜巻のような暴風に魂が叫びをあげる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. 行ったり来たり より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • -自分- 涅槃 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事

自分の意思とは関係なく体は勝手に動いている
神が幸せの魔法をかけてくれる
大きな幸せに近づいていく
意識と無意識(前編)
神に辿り着く
誰もが思い込みで動いているという衝撃
新しい自分を生きると世界もどんどん新しくなる
綺麗な夕空がそこにあった