永遠とひとつになるとき

前回の音楽に合わせるように生きること

すなわち
「リズムの先頭とひとつになる」
という話について
多くの反響をいただいているので
少し補足をしておくよ

このように話していたね

──

たとえば音楽に合わせて
ダンスまではいかなくても
体を動かしてみようか

はじめは楽しく思えても
だんだん飽きてくるだろう

それは反応して動いているからにあり
拘束に苦しくなってくるからにある

リズムに委ねることの
“本当の快楽”はそこじゃない

リズムと一緒にその先頭にあり続けること
そこに尽きることのない喜びが満ち溢れている

──

これはいつも話しているように
時計の針先
つまり「いま」に在り続けるということだ

その「いま」とは
過去と未来に挟まれた現在のことではない

時間の概念を超えているのであって
永遠のいまにある

そして”だから”こそ
手記の後半で話しているように
「広大な安らぎのなかで純粋無垢に
戯れているような実感」を伴うわけだが

しかしそれはなぜだろう?

ここにあなたが
幸福に生きるためのポイントがあるんだ

 

不老不死

いいかい
「常に動いているもの」というのは不死にある

死なないんだ

だけども
他の何かから「動かされているもの」は
やがてその動きの終わりがやってくる

つまり枯渇や衰退したり
そして生の終わりを抱えていることになる

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

第三の鍵
自分を特別視しなければ自由の扉が開く
私たちとはそもそも何なのか(2)
辛いとき、それはあなたがそうしている
幸せな恋愛について
占いが当たるということ
誰もが平等に持っているもの
探し物のパラドクス
-->