どうして毎日が繰り返されるのか

毎日同じことの繰り返しで
生きるってこんなにつまらないものなの?

明日も明後日も来月も
また同じことをやってるのだと思うと
生きてることの意味がわからない

どれだけ考えても
なんのために生まれてきたのか
なんのために生きていくのか

まるでわからない

じゃあ忍耐と苦しみがこのまま続くのか
と思えばやはりぞっとするし

かといって
自ら命を絶ってしまうのは
なんだか間違えてる気がする

だけどもなにを間違えてるのだろう?

それもまた
頭では答えがみつからないのに
「してはならないこと」のように思えるのは
なぜだろうか

そのわからない何かによって
死ぬことは思い止まってしまうが
しかしそれはいつも帰着するように
「やっぱり怖いから」という理由だけなのだろうか

 

うんざりする人生

さてこのような問いは
遠い昔から世界中のすべての人々
つまりこれまで現れてきたすべての魂が
その”人生のなか”で
ずっと自らに問い続けてきたものだ

だからあなただけじゃない

毎日起きて働いて
人間関係や将来の生活に不安になりながら
寝床につく

ひたすらその繰り返し

明日も明後日も働いて
いろんなことに困惑しながら
人生が過ぎていく

働かなければ食べていけないし
家庭での仕事もちゃんとやらなきゃ
家が保たれない

もちろんすべてを放棄して
一切の責任から逃れることは可能だけども
実際そうなってみたらみたで
毎日が退屈でしかたなくなる

退屈だからと
やりたいことをみつけたとしても
またそこに他人との関わりや
物事の広がりが生まれて苦悩しはじめる

それらは面倒以外のなにものでもないが
それを放棄するとやりたいことができない

やりたいことさえやめてしまうと
また人生は虚しさや退屈に飲み込まれる

たとえひとり静かに暮らしていても
その暮らしの整然さを保つからこそ
静かに暮らせているわけだからね

明日も明後日も
やはり家のなかを片付けたり
汚れた服は洗濯しなければならない

当然生きてるかぎり食べなければならず
だがそのためには
買い物に出たり料理したり
食器を洗ったりゴミを出したりと
たくさんの用事がくっついてくる

こうしてみれば
人生とはやらなきゃならないことで
埋め尽くされているわけで

金持ちでもそうでなくても
暮らしの”見かけ”が違うだけで
うんざりする何かを抱えていることに
違いはないというわけだ

 

答えをみつけた人たち

では私たちの魂は
この問いに”答え”をみつけられたのだろうか?

そうだね、幾人かはそれをみつけた

だが”直接の答え”でないのなら
かなり多くの魂が
この答えと同じものを
その人生でみつけることになる

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・対応の状況によりすべてのコメントに作者が返信できるものではありません。
規定の文字数に満たない短文、英文のみは表示できません。また半角記号(スペースやクエスチョンマークなどの感嘆符)は文字化けなどのエラーになりますので使用しないでください。使われる場合は全角文字でご使用ください。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・同一者の投稿は1日1〜2件程度(例外を除く)に制限させていただいております。連投分は削除させていただきます(コメント欄が同一者で埋まり独占的な利用になってしまうのを防止するため)
・個人情報保護法により個人情報や会員情報に関する箇所が含まれている場合は該当箇所を削除させていただきます。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。また短時間の連続投稿はスパム投稿とみなされるため承認されません。時間をおいてください。

  1. とある営業マン より:
    全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます→
    • 涅槃の書-自分 より:
      全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます→

コメント・質疑応答

  関連記事

-->