悟りとは何か

「私は誰か?」と問うてみよう
だがここで根本的な間違いを犯すことになる
自分を「個体」として求めてしまうからだ

こうして自らを個体としている限り
“悟り”に到達しない

自分という個体を無自覚のうちに
前提としているゆえに見逃すのだ

じゃあ「私」を個体として求めないとき
「個体じゃないもの」が現れることになる
それはなんだろう?

つまりあなたの観ている日常、感覚、世界
それがあなただ
これはいつも言っていることだね

だから
「悟りとは何か」という問いがあるなら
「悟りとは何か」があなたなのだよ

もしその問いに何らかの答えが出るならば
それもあなただ
答えが出なくても問いそのものがあなただ

つまり何であろうが
あなたの世界に生まれたもの
すべてがあなたのである

あなたは自分自身をいつも眺めている

さらにいえば
あなたが認識しなければ
この世界は存在を与えられない

つまりあなたがあなたを眺めなければ
ここには何もないのである

 

 


Notes , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. さばみりん より:

    すべてはあるとないを超えていて、ただわたしが認識した瞬間にどちらかに決まり存在するのですね。
    そしてゆえに、何も実在していない。

    わたしはわたしの中にたったいま限りあるから、問いと解釈すら無意味…。

    言葉で書くとややこしいし意味が不明となる。
    ただこれこそが本当なのですね。

    自然科学はそこに答えを見つけ出そうとしている以上どこにも到達できないのでしょうか。

    わたしはわたしの中を生きます。
    それを感じていきます。思考に仕事をさせ過ぎないように……。

    • -自分- 涅槃 より:

      さばみりんさん

      >答えを見つけ出そうとしている以上
      >どこにも到達できないのでしょうか。

      そう、問いや答えとは
      マインドのものであり
      真実とはまるで関係がない

      禅問答というものがあるが
      それはマインドが
      いかに制限されたものであるかを
      知らしめるためのものだ

      私たちはどんな些細な物事も
      瞬時に解釈し、算段してしまう
      常にマインドが活動している

      無限に広がる空間に存在していながら
      手のひらよりも小さい枠の中で
      四苦八苦して生きている

      つまり答えを探し出すために
      問いを作り続けているのだ

      問いは答えではなく、問いなのだ
      そこに問いなどなかったということ
      それを悟ることが
      あなたを解放へと導く鍵となる

コメント・質疑応答

  関連記事