世界には悪いものなどない

あなたの世界に登場する人々
その関わりについて記そうか

前提として知っておかなければならないのは
あなたの世界は「あなたしかいない」ということだ
では他者とは何か

例えばあなたが植物を育てていたとする
水やりをするだろう、
その行為そのものが「他者」だ

あなたは「他者の望みを叶える」ためにそこにいる
それがどれだけ嫌いな相手でも憎い相手でもだ
理解しなければならないのは
あなたは絶対に他者を「阻止」することはできない
あなたは他者に対して、
相手の望みを叶えることしかできないようになっている

あなたは誰かの目標を阻害することはできないし
あなたは誰かの成長を止めることもできない
あなたは誰かの目標に協力することしかできないし
あなたh誰かの成長を推し進めることしかできない

繰り返すが、それがどれだけ憎い相手でもだよ
そもそも「憎い」はあなたの印象だ
その人自体は何の罪もない
あなたが「そいつは罪人だ」と決めつけているだけだ
あなたのその罪人基準は
あなたの蓄積された記憶によるジャッジだ
つまりあなたも悪くない
その相手も悪くない
要は世界には悪いものなどない

他者との関係を見直しなさい
今すぐだ

 


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

「ほれ、安心させてやったぞ」
内なる力を引き出す癖をつける
世界はあなたそのもの
喜びがすべてを引き寄せる
いつも心に太陽を
優しくなれないあなたへ
嫌な予感が当たることと望みの世界を創り出すことは同じ仕組みにある
この世の素晴らしさが眺められるところまで
-->