人生という散歩を楽しむ

たとえばあなたがしていることに
誰かが非難してきたとしよう

だが誰が何を喋ろうとも
それは「時代」が喋っているのだ

だから誰かに何かを言われても
その人は単に空っぽなんだと捉えるといい

これは他人を軽視しろということではなく
人は無意識的である限り
時代という普遍性に流れてしまうこと
それに気づいておくということにある

意識の光が灯っている人は
わざわざ非難したりなどしない

なぜなら彼が意識的に
あなたという存在を捉えているとき
表面上の行為など重要ではないことが
わかっているからだ

だからこう言い換えることができる

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について


Notes , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事