「 不幸をやめる 」 に関する一覧を表示中

意味の世界を抜けだす

あなたは身近な人を 亡くしたことはあるだろうか もしそうであるなら その人に感謝しなければならない この世でもっとも大事なことを 教えてくれているのだからね 朝 …

元気をもらう瞑想

大舞台で活躍する人や、ひとり孤独と向き合っている人、そういう人たちがよく「みんなから元気をもらえました」と伝えるときがある。 この「みんなから元気をもらった」は …

光のありか

恋や友人関係を間違えてはならない それは寂しさを埋めるために あるのではない あなたが心の空白を埋めるために その関係を維持しようとするとき 必然的にあなた自身 …

ちゃんと見ればこわくない

何かが不安なときは このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会員について

光の世界(後編)

実は前回で終わらせる予定だったんだが、文量が増えてしまってね、ここまでを軽くまとめておこう。 生体リズム(サーカディアンリズム)は自律的に動き続ける。つまりリセ …

信じるか疑うか

なにかを信じるということ なにかを疑うということ 人は常にその両極に揺れ動いている 恋人や友人に対して また自分の未来や いましていることが 正しいのか間違えて …

ギリギリまでなにもしない

誰もが幸せでありたいと願う。もちろん幸せの定義は様々だが、共通している部分がひとつだけある。それは焦りや不安がないということだ。 どんなに楽しいことを準備しても …

世界から呪いの魔法が解ける

いつも話していることだけども、人は自分で苦しみを作っている。思考することによってわざわざ作り出している様子にある。 こうして話すと「じゃあ苦しい思考をしないよう …

不思議な力に癒される

あなたのその世界があって、あなたはそこに現れている。だからあなたが悲しいものだと世界をみれば、あなたも悲しいものとなる。 嬉しいものだとしてみれば、あなたも嬉し …

自然とひとつになる暮らし

大地には雨降りが必要なように 時には泣くことが大事であるし また大地が太陽の光を必要とするように よく笑うことが大事となる 地表のすべては雨と陽光で 生命力を与 …