「 生きる意味 」 に関する一覧を表示中

笑顔の力

住宅街で車を運転していたときに四つ角で対向車と道の譲り合いになってね、「お先にどうぞ」という合図を送ると、相手は「じゃあお先に通ります」とぺこりと頭をさげて満面 …

本当は何もしなくていい

毎日大変だろう 何が大変かといえば 苦悩が永久に終わらないことだ 明日も明後日も 今日と同じ苦しみがやってくる まるで競技場のコースを 延々と周回しているような …

自分の仕事をする

嵐は過ぎ去っていく。あなたは何もなすすべはなく、ただじっとしているしかない。そうして”忘れた頃”に雨風はやんで、晴れ間が広がっている。 …

夢の構造から己の現実の仕組みを知る

現実はただ起こり続けている。だがその「ただ起こる」ことに自我は一喜一憂する。 スピリチュアルでは「起こりをただ俯瞰せよ」という。それはつまり、乾電池につないだ電 …

幸せは得るものではない

幸せに満ちたいなら まず周りの人たちを 幸せにしてあげること スピリチュアルではそのように教えられる つまり出力が入力を決める 宇宙の法則ってやつだね だがこれ …

出会いやお金の巡りなどの縁に恵まれるには

まず生きているとはどういうことか 注意深く観察してみれば それは「つながっていること」だとわかる たとえば会話ひとつにしても そうした他者との交流とは その背後 …

どうして他人は不完全なのか?

他人はいつも不完全だろう。不親切だったりとても自分勝手にみえたりする。 だが「不完全」という意味でいうならば、たとえばあなたが憧れたり恋したり、羨ましいなんて思 …

猫の看病

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会員について

意識の種類

辞書を引いてみれば「意識」にはいくつもの定義がある。便利な言葉であるので文脈によって様々な使い方がされるが、ここでは2つに絞ってみよう。 まず日常会話でよく使わ …

体と思考を超えた領域

体は宇宙とひとつであり、巨大な全体の部分として機械活動をしている。だが体の内部で見過ごしてはならない箇所がある。それは脳である。 心臓や肺などと同様に、脳の活動 …