「 あるがまま 」 に関する一覧を表示中

人生は頑張らないほどよくなる

頑張りなさいと教えられてきただろう だからこうして社会に ボロボロにされていても 頑張らなくちゃと考えている だけどもいつも理不尽な気分になる 世間が自分を騙し …

ずっと守られていたことを知る

仏教は釈迦が説いたものがずっと続いていると思われているが、そうではなく、後の仏教徒たちによって釈迦の教えを基に様々なアレンジが施されてきた。 実際釈迦の導きは一 …

スピリチュアルにはまるということ

「スピリチュアルにはまっています」という話をよく聞くけども、スピリチュアルや宗教などの霊的次元に深く親しむというのは、より現実的に生きると言うことである。 現実 …

問題解決や願望実現はあなたがするのではない

「人生が苦難の渦中にあります」と そんな相談をよくいただくけども 私があなたに言えることは ひとつだけしかない このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 …

休息のままで暮らしていく

他の人と同じ空間にいるとき その相手に自分の良い印象を 与えようとばかり考えてしまう 自分はどう見えているだろうとか こういう表情や身振りをすれば きっとこう思 …

不安をつくらない生き方

不安になると落ち着きがなくなることは よく経験するだろう 自分でも落ち着かなきゃと思っているが なかなかコントロールできない このコンテンツを閲覧するにはログイ …

いまの苦しみはいまだけのもの

タイトルの通りなんだけども「じゃあいまを我慢して耐えていれば苦しみは消えるんだ」というわけではない。この「いまだけの苦しみ」は永遠に続いてしまう危険性を孕んでい …

愛と優しさに満ちた世界だからこそ願いは実現していく

たとえば家族が病気になって弱ってしまったとき、自分でも妙だと思えるぐらい優しくなれたりしないかな。 いつもはその人に対して素っ気ない態度をしていたり反発したよう …

何が起きても大丈夫である生きかた

仏教の教えに「空(くう)」というものがあるね。空とはなんだといえば、「あるけどない、ないけどある」を実現させているものだ。 たとえば、湯船のなかで洗面桶を沈めた …

不幸を過ぎ去らせる

どれほどの大変な物事も必ず過ぎていく これまでもそうだっただろう? だから「過ぎ去る」ということを いつも信じている必要がある しかしどうすればそれは可能だろう …