「 生き方 」 に関する一覧を表示中

あなたは何者なのか(5)

まとめにはいろう。 世間のなかで生きていながら、いかに独自世界を描くことができるか、そしてそのイマジネーションを世界全体に彩るには、どうすればよいのか。その仕組 …

他者を操る魔術

今回は他者を 「意のままに操る」という話を記すけども
 本稿の目的はこれを知ることで 
日頃自分こそが知らずのうちに 「操られている」ことに目を向け そこから抜 …

円満な関係の原則

ある誰かと仲良くやりたいなら その人がどんな態度をしようとも いつもこちらからフレンドリーな 気持ちを絶やさずに接することだ しばらくは相手の態度に すぐにひっ …

舞台役者

先日テレビを観ていたら ある舞台役者のインタビューをやっていた 「大勢の客の前で毎日別人のふりをする というのは大変じゃないですか?」 その役者はこう答えていた …

幸せとは何だろう

そもそも幸せになるってなんだろうか あなたはどのように考えているだろう? あれが手に入ったら幸せ? 物事がうまくいってくれたら幸せ? それらは求める気持ちが先に …

現実はなぜあるのか

あなたが自己自身を見出すことのできるものは、すべて「聖なるもの」となる。本であれ音楽であれ香りであれ。人々であれ仕事であれ日々の暮らしであれ。 だがそれら事物に …

思考がみてる夢

長らく会っていない人をふと思い出す いまごろどうしてるのかな そう考えていると その人から連絡があったりするものだ 高速道路の運転中に思い出して 途中のたまたま …

幸せの輪廻

惨めであるときというのは 自分はこんなに惨めなんだと 自分にも他人にも 「思い知らせよう」という 欲望が働くからそうなるのだ そしてより惨めになっていく わかっ …

良心と創造世界

この世は表象である つまりあなたの心のなかに 浮かんだ像でしかない 人や物もそうであるし 自分の体の動きもそう 心のなかの像が ただ変化していくだけであり あな …

本書を読むときに注意すべきこと

多くの人々が本書を自分の世界に生み出している。だが各々の独自世界ゆえ、手記の見え方は千差万別となる。 あなたの見ている「世界の見え方」がこの世のすべてであり、そ …