使い捨てロボットが意志をもつとき-8

では実践に入っていこう。ここまでの話をちゃんと飲み込めているならば、現実は「変更」されるものではなく、現実は「生成」されるものであることが頭にあるはずだ。これぞ黄金の法則であるのだよ。つまり望みの人生を生きたいならば、これ以外に「ない」のである。

要するに、すべては仮説であるからじゃあそれを逆手に取って自分で仮説を作っていこうと言う話である。あなたの生きている世界は、人であれ、出来事であれ、物事であれ、すべて「そのように自分に説明しているもの」であり、すなわち仮説でないものは「何一つとして」存在しない。

だが注意が必要なのは「いま考えられることのなか」で、いくら頭をひねってもそれはうまくいかないということである。

この連載がこれまで同じようなことを繰り返し述べてきたのは、あなたの中の固定された観念を取り払うためだ。

何かを思いつくのは誰でもやっていることであるが、実際どうして実行に移せないのだろう。簡単だ、とても実行になんて移せないからだ。思いつくままに並べるのはたやすい。だが実行という行為を起こすにはとんでもない体力と精神力を要する。その断崖絶壁を登ろうと試みるけども到底自分には不可能だと思い知らされる。

つまりあなたが毎日の出社が辛くて自分で商売をはじめようなんて考えて、起業の本やら読み漁って構想をノートに練り上げてもだいたいは「壁」に阻まれてそこで終わってしまう。

見えない壁に阻まれる

この「壁」は、向こう側へ踏み出せない自分の心のことである。たとえその壁を「努力」して乗り越えても、あなはた途方にくれることになる。その人生最大の難関だった壁は、その後も無数に立ち並んでいることを知るからである。

しかし「すべてが仮説」であるのに、もっといえばすべて「幻」であるのに、どうして自在ではないのか変だと思わないかね。恋愛も人間関係もそう。それはあなたという存在自体も「その現実に含まれた仮説である」ということをよくわかっていないことに起因しているのだ。だから「全面的に」事を起こしていかなきゃならないのだけども、それがいまいちよくわかっていない。

スピリチュアルな文献などで「願いはすでに叶っている」と書かれているだろう、そしてこうも書かれている「叶えようとしていること自体がすでに叶えられている」。この意味を正しく知らなければならないのである。

つまり己の現実がそこにある時点で、すでに生成されているのだ。人類は各々の「そのなか」で生きてきた。戦争があったり、研究に没頭したり、恋や成功を追い求めたり、十人十色の人生模様、まさに「ひとそれぞれ」だ。あなたもそうであるし、あなたのお父さんやお母さんもそうだろう。その現実世界が彼らの仕事場なのだ。

もちろん互いの存在をお互いの現実の中に見ている。だから人生で関わるどのような人物であれ、それはあなただけが知る存在(あなたの現実として説明されているもの)であり、あなたの叶えられた現実世界のなかで「彼らのそれぞれの現実」が生み出されていることは忘れてはならない。

つまりあなたにとって「あの彼はつまらない人生を送っている」というのは、彼がつまらない世界を生きているのではなく、あなたがつまらない彼を現出させているのだ。この理解を飲み込めるとき、あなたは自分の生きているこの世が「自分のなかにある」ということを悟ることができる。

だがここで「じゃあ新しい現実が起こるように振る舞えばいいのか」というならば、これまでの話を何もわかっていない。

あなたがいま見ている現実は「自分で起こしている」というのは確かにそうだけども、ただあなたが考えているような「手順」で起こされているのではないからだ。

そこで今回の実践編がスタートする。

まず卵の殻を知る

いま目の前に広がっている世界は「無意識の雲」から読み込まれて見えているものであるけども、いいかい、毎朝目を覚ましたら「毎回同じ現実がある」というぐらいに、無意識というのは強烈なのだ。「自分がそれを引き出している」と感じられないほどに、それは引き出し続けられている。

自分の頭が卵の殻で覆われているとイメージしてみよう。首からうえがすっぽりと殻で覆われている。あなたは普段、その殻の中空の中心で物事を考えて暮らしている。だが無意識により引き出されている現実世界というのは、その殻の「内側」にびっしりとこびりついているということだ。

あなたは毎朝、その殻の中で目を覚ましている。そんな様子でいったいどんな新しい考え方が生み出せるというのだろうか。いまでさえその中にいるのだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事