無垢な泡

今日、元総理大臣の悲痛な事件があった

その人の顔も声も
日本で暮らす人なら誰もが覚えがあるはずだ
みんなの記憶(”一者”の記憶)に残ってる

たしかに彼に反発する人もいるだろう

だが今回の件で悟るべきは
いつか人生は終わるということ

だから精一杯に毎日を過ごすことだ

どうして読まずに放っている本があるのだろう
どうして大切な人を大切にできないのだろう

私たちは一体なんのために
泡のように生まれてきたのか
その泡はどんなことを夢みようとしているのか

その”夢”を叶えてあげることだ

もちろんそれには
あなたのなかのなにかを
捨てなければならないがね

彼は夢を叶えた
それを深く味わった

そうして夢を叶えた人に

全文をお読みいただくにはご入会後にログインしてください。数千本の記事を自由にご覧いただけます。→ . またご入会や入会の詳しい内容はこちらから確認できます→ ご入会はこちらから


Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事

-->