ランブリング

ワンネスとか全体性とかみんな繋がってるとか
そういうことを書くと
皆「地球上のたくさんの人たちの顔」とか
なぜか「連帯責任」的なちょっと重たい
連想をするようだ。
そういう個別化のある次元ではないのだよ

まあワンネスなどという言葉も観念だから
伴う解釈は各々あるんだろうが
本質はこういうことだ

あなたしか存在しない
だからすべてがあなたのだ
全体性とはそういう意味である

すべてあなたの体の中
すべてあなたの魂の中

だから
見ること
聞くこと
触ること
そんなことが成り立ってるんだよ
世界とずっと戯れるだけでいい
その為に生まれてきた

あなたが自由に活動出来るフィールドがあって
あなたが自由に興味を持てる素晴らしい要素が溢れ
その人生を徹底的に遊び尽くして良いのだ

だけども
すべてあなただということを忘れてはいけない
世界から自分を切り取って優越に浸ったり
比較したり、勝負にこだわったり
そうすれば必ず
あなたか、その世界の誰かが傷を負う
どちらにしろあなたが苦しむ結果となる

瞑想でも利他的な生き方でも良い
そうしていれば、
これまで独善的に生きていればいるほど、
不思議な偶然が目に見えて起こるようになる
もの凄く細かいことからね

そんな中で「あ、そうか!」と
感覚的に理解できるときが必ず来る

あちらからやってくる、というのは方便で
もともとそこにあった、それに気付くということ
それが理解だ

すべてあなたのためにあり
すべてあなたである

それを踏まえた上で
どんどん好きなことをやって
生きていきなさい

いつもあなたは
あなたの中で歩いていたのだよ

良い世界に変えたいのならば
そうすれば良い
あなたひとりがその気になれば
ごろっと簡単に変わる
全部あなたなのだから

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事