人生の光景が塗り替わる

未来は幻であるそんなものはないし
「いずれやってくる」
というものでもない

常に「いま」だ
いまが塗り変わっている
ただし時間的に進行しているのではなく
いまが常に塗り変わっているのだ

今現在、不幸だという人はいない
どん底にあると自覚しようが
その状況は未来や過去を想定したものだ
だから今現在、不幸になることは不可能だ
面白いことに
不幸だという人は今現在は幸福なのだよ

不幸とは「未来や過去」が不幸なのだ
つまり不幸とは
思考が生みだす作用のひとつである

あなたの人生が不安で苦痛ならば
それは不可能なことを期待しているからだ
未来に焦点がある
期待は裏切られる
それは思考のものだからだ
思考は何もないところにヴィジョンを浮かべる
そしてそれを得ようと四苦八苦する
未来を求め続けるだが永遠に得られない

ただ「いま」だけだ
いまが常に塗り変わる
芽を出し花が咲き、
そして枯れていくように
すべては変化する
変化は時間軸を概念する言葉だから

「常にいま、花は塗り変わっている」
と理解しなさい
花とはあなたの世界だ

塗り変わりなさい

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事