思考から離れると生の感触がわかる

新しい技術
新しい思考
そんな何かを習得することで
あなたの人生が開くのではない

あなたが生きていく上で
基本的に備わっているものがある
それだけであなたの人生が開く
それ以上のものは付加要素だ
自転車に着けた
スピードメーターのようなもの
なくても構わない

まずはその基本的な人間状態に意識を置く
特技や主義は頭から捨ててしまいなさい

「ただ、そこで、生きている」
それだけだ

いつも忘れず心臓の鼓動を感じなさい
そして眼球は「見ている」のではない
眼球の表面を構成している細胞を感じなさい
細胞を感じている間
目は開いて視界はそこにあるが
「あなたは見ていない」
眼球がきょろきょろと動かない
思考から離れるとはそういうことだ

そのように意識を置くと
あなたから、厳密に言うと
あなたの内側から波動が出るようになる
水面に広がる波紋のようなエネルギーが
あなたの内側から脈打つように放たれる

地面に直立しているとき
あなたの足裏が大地に乗っている感覚と同時に
大地があなたの足裏に貼付いている感覚、
つまり「大地があなたに乗っている感覚」を
覚えなさい

歩いているとき
大地があなたに引っ付いている
あなたに大地が引っ張られている感覚を知る

余計な付加要素にばかり目がいくから
あなたは基本的な要素を忘れてしまっている
もうすでに完璧なのだよ
最初から完全であるし
いまの現状が何であろうと
そのままでいい
問題があろうと
そんなもの解決する必要もない
ただ生きているという実感、
正しい実感だ
それを思い出す必要があるだけ

あなたが世界の中心であり
世界があなたなのだ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , ,

コメント・質疑応答

  関連記事