世界の方が動いていた

いいかい
いまそこにないもの

部屋にひとりでいるなら
他者など存在しないし
車も電車も存在しない
未来も過去も存在しない
すべて妄想のものだ

だけどもあなたは明日のことを気にする
そこにいない誰かのことを気にする
ありもしないのに脳内で創りあげる
それがマインドだ

つまり「非マインド」とは
そこにあるものだけ
そこで感じるもののこと
「いま」だけがある

では「非マインド」だけで生きていくとき
それはどういうものなのだろう?

それは、あなたは物になるということだ

思考がない
ただその場に置かれた物

置物

あなたが置物になったとき
あなたが世界の中で行動するのではなく
あなたを中心に世界が動き出す
そのように見えてくるだろう
事実はそうなのだ

あなたは錯覚している
「自分が行動している」とね
世界が動いている様子を悟るとき
あなたは本当の己を知る
動いている世界が私であり
そこには意思もない
ただ動いているだけ

何も不安になる必要もないし
怖がることもない
すべて「あなた」なのだから

だからその世界を愛してあげなさい
あなたが失恋しているなら
それが起こっている世界を愛してあげる
それだけでいい
あなたが何かを失ったのなら
それが起こっている世界を愛してあげる
それだけでいいのだよ

起こるすべてなんて
あなた個人がどうこうできるものじゃない
起こるべくして起こっているのが世界
天候と同じ
ある秩序があり起こるべくして起こる

あなたという個人は鏡みたいなもので
起こる世界を鏡に映している
鏡に映ったときにあなたは「体験」とする

あなたがお腹がすいて
コンビニに弁当を買いにいった

いま手元にはコンビニ弁当がある
数分前には何もなかった
だけどもいま目の前には弁当がある
これが創造だ

だが「お腹がすく」も
「コンビニ弁当を買いに行く」も
そのような世界が発生し
あなたはそれを後から確認しているだけである
自分の意思で動いているわけではない

だからすべて結果の世界
すべて完成された世界をあなたは見ているだけ

このままでいいのだよ

世界が勝手に動いていくから
あなたは何も悩まなくていい

あなたという人間の動きすら
あなたの意思ではない
それを覚えておきなさい

例えばあるときにふと良いアイデアが浮かぶ
仕事もでいいし恋人への愛情でもいい
ライフスタイルでもいい
その良いアイデアは
思えば簡単なことだったが
なぜかこれまで浮かばなかった

もうこれがヒントなのだよ

だから待っておけばいいし
現状がどうあろうがそのままでいい

勝手に世界は動いていくのだから

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. さばみりん より:

    あるひ突然起こるひらめき、思いつき、それは偶然でも必然でもましてや運命でもなかったのですね…。

    • -自分- 涅槃 より:

      さばみりんさん

      その通り
      いまそこであなたが書き込んだことも
      総体の一部分だ

      もしあなたが「じゃあ自由意志はないの?」と
      脳裏に過ぎったとしても
      それも「総体の一部分」である

      すべては繋がっている
      繋がる、とは人間的な解釈であり
      正しくは「すべてでひとつ」なのだよ

      その大いなる変化に
      あなたは指が動き
      同時にアラスカでは氷柱が落ちる

コメント・質疑応答

  関連記事

社会で生きていくために(3)
あなたの関わるすべては「あなた」なのである
日常のなかに非日常をみる
他者を愛することができない
すべてを言語化する瞑想
向こう側
現実生成の計算式を見直す
過去の荷物をおろせば明日は来なくなる