崩れそうな家で必死に踏ん張っている

人生とは何かを望みそれを叶えていくものではない
努力して掴み取ろうとするものでもない

「起こった出来事を経験すること」
それが人生だ
そしてそれがあなたという存在である

勝手に起こる出来事に
ただ受け身でいること
そこに何の予測もなければ心配もない
不安もないし期待もない

事実それしかない
だけどもあなたの自我が勘違いをしているから
それを崩す必要がある

あなたは過去の悔いや痛み悲しみ、
そんな材料でできた「家」の中にいる

その壁の右側は
「子どものころ頑張ったのに馬鹿にされたこと」
その天井の隅っこは
「好きだった人に裏切られたこと」
床のあそこらへんは
「お金も休日の時間も減っていくという虚しさ」

あなたはその家の中で外に出ることすらせず
ただじっと耐え忍んでいる
何か楽しいことをしようとも
耐え忍んでいることが前提としてある
まったく楽しみ切れない

家の中の明かりを灯すことに必死なのだ
明かりが消えたら闇
あなたは怖い
もうなんの為に生きているのかわからない
だからせめて
明かりを消さないように
明かりが消えないように
もっと明かりを求め続けて
自我という家の中で必死に耐え忍んでいる

あるとき外から地響きが聴こえてきた
凄まじい轟音
家の揺れはどんどん大きくなり
このままいくと家が崩れ落ちるのは明白だ

「こんなに頑張って生きてるのに
家まで壊されるのか!! 私のすべてがああ!!」

崩れようとする壁を全身で押さえるが
天井の瓦礫で周囲も見えない

築き上げてきた「自分自身」が
そんな突然の出来事で崩されてしまうことが
あなたは許せなかった
耐えられなかった
これまでの人生の様々な記憶が
轟音とともに崩壊する家の中で蘇る

あんなこともあった
こんなこともあった
あれは嫌だった
ずっとつらかったな

思えば家の明かりを
絶やさないようにすることだけ
それだけのために生きてきた
なぜなら闇こそ恐怖
別にいまの職業も生活も
望んできたものではない
ただ安心という明かりが欲しかっただけだ
でもその明かりはいつも不安定だ
消えたときもある
その時は慌てて闇の中を探って
次の明かりを見つけてきた

もし明かりがなくなったらどうしよう
いつもその不安ばかり
でも新しい明かりが着いたばかりのときは
しばらく消えないことを知ってるから
明かりのことを忘れることもある
そんなときは気持ちが楽になったりもした

だけどもいつもいいところで
その楽しい時間は奪われてきた
明かりが消えそうになるからだ
「早く次の明かりを灯さないといけない」
その暗い家に支配される人生だった

さて
崩壊寸前の家の中で
あなたは怒号の叫びを上げる
揺れはさらに大きくなる
もう限界だ!!崩れる!!!

外は明るかった

太陽が隅々まで降り注ぎ
見たこともないほど明るかった
一体何を頑に守り続けてきたのだろう

これはよく語られる「悟り」の手引きだ
出来事は起こる
あなたは出来事を経験するためにいる
だが出来事に「善し悪し」をつけて
自我という家を築き上げてしまう

異性に笑顔でじっと見つめられたら
気分はいいが
同性にそれをされると気味が悪いとか
自分を馬鹿にしているんじゃないかとか
いやいや、私に気があるんだろ?とか
人間に見られるのは嫌だが
動物なら見つめられたら愛情がわくとか

どれもただ何かが
あなたを「見た」だけのことだ
出来事に意味付けをするということ
それは家の中にいるということ

出来事をただ通過するものとして
受け取るとき
あなたは家の外にいる

ただ過ぎ去るもの
それを経験するためにあなたはいる
これはあくまで主観的な見解だがね

実際は「過ぎ去るものがあなた」だ
経験そのものが「あなた」であり
そこには経験もなにもない
ドンと常に「それ」がある

もしあなたが
ひとつひとつの「経験」に意味をつけ
それに振り回されているようであれば
とても馬鹿らしいことだ
家の中で必死に明かりを灯そうとしている

あなたは求めるものではない
起こる出来事を経験するだけでいいのだ
意味付けせず
ただ起こる出来事を通過させていく

それが「家」を持たずにいられる方法となる
幸福は家の外にある

家の外こそ、
あなたの無限に広大な住まいだったのだよ

 


Notes , , , ,

コメント・質疑応答

必ずお読みください
・会員記事のコメントはログインしないと表示されません。
・会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
・連続投稿する時は自分の最初のコメントに返信してください。
・記事に無関係な投稿は禁止です。良識範囲でお願いします。
・他の利用者を勧誘する行為、扇動するコメントは禁止です。その意図がなくても事務局でそのように判断された場合はその箇所を修正削除させて頂く場合があります。予めご了承ください。
・投稿内容に敏感な方も多くいらっしゃいますので、他の利用者様へ影響を与えそうな文面はお控えください。
・スパム広告対策にセキュリティを設定しております。投稿後に承認待ちと表示される場合がありますがしばらくすると表示されます。

  1. タタータ より:

    確か「無保険でいきる」って言葉が、自分さんの手記にあったけど、まさにこの事ですよね。
    わたしも、まだたまにやっちゃうんですが、他人とのやり取りの後、なんかおかしな態度してなかったかな?とか、変だと思われるような事は言ってなかったかな?とか不安を消したくてさっきの出来事をリピート再生で確認しちゃう。

    何をそんなにビビっているのやら・・(笑)

    • 涅槃の書-自分 より:

      タタータさん

      過去は「いま作られる」ものだ。これを覚えておくといい。実際そうだろう、たとえばいま働いている会社に勤めることになった経緯を思い出してみよう。

      求人誌や知人の紹介だけでなく「あのときのあれがあったから、全部繋がったんだ」というのが山ほどあるはずだ。

      だけどもその関連性とは「いま」作られたものとなる。恋人との出会いも、目の前にある雑誌を買ったきっかけも、すべての過去は「いま」作ることができる。

      だからどんなことがあっても「ポジティブなものに作り変える」といい。

      なぜなら未来は過去によって作られるからだ。つまりあなたが良い過去を持っているほど、良い未来がやってくることになる。

      詳しくはまた手記にしておくよ。

  2. タタータ より:

    自分さん、いつもありがとうございます(*^-^*)

  3. Minnie より:

    今日、上司に耐えられなくて、感情的になってしまった。
    また、無職になってしまうのかな?
    それとも、こうなることを知っていて、自分で話を作ってるの?

    よくわからないけど、このような状況が起こっただけ。単なる出来事。
    今日は落ち込んでるけど、流れに任せるしかないよね。
    行き当たりばったり、何も考えない、そんな生き方がしたい。

    • 涅槃の書-自分 より:

      Minnieさん

      >行き当たりばったり、何も考えない、そんな生き方がしたい。

      そう、それが本来のあり方だね。だが同じことを繰り返しているならば、そこから抜け出さなければならない。

      だけども(あなたが上司の存在を問題としているのならば)それは上司を支配することでも、反発することでもない。

      そのコメントだけではわからないが、仮に上司の態度に苦悩しているならば、それはその上司の問題であってあなたの問題ではないし、またあなたの「自分のあり方」について上司の評価を気にしているならば、それは上司への当てつけでしかない。

      なぜならそれはあなたの問題であるからだ。

      わかるかい、ひとつしかないのだ。それはあなたが自分の内面を解決することだけであって、上司もそれを待っているのだよ。

      だけどもこうして上司が「一切関係ない」のなら、気軽なことじゃないかな?

  4. Minnie より:

    自分さん、
    返信ありがとうございます。
    なんとか、この状況から抜け出したいです。気が付いたら感情や思考に飲み込まれています。
    実は、今、秘かに他の道に進みたいなと思って、向こうが見つけてくれるのを待っているところです。
    元々は上司とのトラブルがきっかけで、残りの人生、自分の本当にやりたいことをやりたいなと思ったので、そういう意味では上司に感謝しているかな。

    上司も私が変わるのを待っててくれているのかな?そう思うと可愛い奴だですね。

    • 涅槃の書-自分 より:

      Minnieさん

      >なんとか、この状況から抜け出したいです。気が付いたら感情や思考に飲み込まれています。実は、今、秘かに他の道に進みたいなと思って、向こうが見つけてくれるのを待っているところです。

      それは良いことなんだけども、新しい道へ進んでも同じことを繰り返さないようにひとつアドバイスをいれておくよ。

      たとえば今夜で自分の生涯が終わるとしよう。

      これまであなたは、いまとは違うどこかへ向かうための、つまり本番に向けての準備期間だと思っていた。その本番があるからこそ、いまはこうして耐えているのだと思っていた。

      だがその準備期間が実はずっと本番だったのだと気づいてしまう。

      そうなるとこれまでの上司とのやりとりはどのように解釈できるだろう? その人は一過的な存在ではなく、単なる脇役でもなかった。それがあなたのすべてだったのだ。

      だから常に自分の死を意識していることだ。終わりを知るゆえに物事は無限になる。愛することも美しいと思うこともね。

      つまりそれまでとは「違う捉え方」ができるようになる。それが「自由」というものであって、決して次々と転職をすること自体が自由というわけではない。

      もちろんそうして多彩な世界を歩めるのは素晴らしいことなんだけども、その根本的な「解放」を理解していなければ元の木阿弥となる。

      だからいいかい。

      「そうか、これが私の人生だったんだ」と早いうちに気づくことが大事なのだ。その気づきがあなたを未来想定型の空虚な状態から、常に「本番(今この瞬間)」へと、つまり「喜びと感謝の世界」へと誘ってくれるからだ。

      その揺るぎない至福と安堵は、そもそも私たちが死という「永遠の存在」であること、その真実を思い出すからこそ、包み込んでくれるのである。

コメント・質疑応答

  関連記事