ハッピーな人になれば世界はハッピーになる

あなたの「知っている通りの現実」がそこにある
ここが重要なポイントだ

ではあなたの知らない現実とはどんなものだろう?
知らないものは想像もできない
言葉遊びになるが、
想像ができなければ創造もできないのだ

現実とはあなたの思考でできている
「思考は現実化」する、とは当たり前だ
現実とは思考のことである
思考を変えれば現実の見え方も変わる

つまりあなたの知っているものが変われば
その世界は変わったようになるだろう
「〜ようになる」の意味は後述する

「あのお嬢さんは世間も知らずに
遊び回っていいわね」と
オバサン達が言う

その言葉には羨望もあるだろうが
嫉妬やら劣等感やら
ある種の恨みやら怒りやら
様々な感情が渦巻いているのだろう

「私はこんなに大変なのに、
まああの子もそのうち苦労するわ」
そう自分に言い聞かせる

その通りだ

オバサンは大変だし苦労するのだろう
そしてその後も苦労し続けるのだろう

だが「お嬢さん」は何も知らない
オバサンの世界とは違う現実を見ているのだ

無論、何かが切っ掛けで世間に世知辛さを覚えれば
オバサンと同じような世界を見るのだろう
だがハッピーな人にはハッピーな世界しかない
それ以外ありえないのだ

ミーラーバーイーという
中世の時代に生きた姫がいる

彼女はクリシュナを崇拝し
どんなことが身に起ころうとも
自身を明け渡すことで光明を得た
彼女が踊るとき
そこには踊りだけがあり
彼女が歌うとき
そこには歌だけがある
苦難の世界を変えようとはせず
彼女自身の自己が溶けたことで
その世界が変わったのだ

当のクリシュナに至っては
地獄の底でも踊り狂っている
いつもバカ騒ぎのパーティピープルだ
彼はどこへ行こうが
何が起ころうがどうでもいいのだ

オバサンが常に保持し続ける一切の不安、恐怖、エゴ、
そんなもの知りもしない
聞いたこともない

あなたがその「現実」を変えたいのならば
それは諦めなさい
現実が変わるのではなく、
あなたの捉え方が変わるのだ
あなたが変われば
その通りに現実は呼応する
それは「変わった」のではなく
ごく当たり前にそこにあったと気が付く

いつもの通りだが
あなたがそれに気が付いたとき
それは決して「変わった」という自覚はない
最初からそうだったと何の疑問もなく受け入れている
以前に「一体何を追い求めていたのか」
すらわからなくなる
だから「現実」が変わることはありえない
あなたが変えたとき
その周囲は常に最初からそうだったのだ

覚えておきなさい
ハッピーな人にはハッピーな世界しかありえない
だからいまからハッピーな人になりなさい
そうしてあなたの世界をピンク色に染め上げなさい
ただあなただけがハッピーになればいい
誰かに何かをしようなんて思わなくていい
あなたの世界の住人たちもそれを待っている
あなたが神なのだ
あなたが染まれば世界は染まる
すべてあなたの責任なのだよ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. サボ より:

    自分さん いつもありがとうございます。

    同じようなことを繰り返し質問して申し訳ありません。
    まだよく理解できないのです。

    >あなたがその「現実」を変えたいのならば
    それは諦めなさい
    現実が変わるのではなく、
    あなたの捉え方が変わるのだ
    あなたが変われば
    その通りに現実は呼応する
    それは「変わった」のではなく
    ごく当たり前にそこにあったと気が付く

    ここで自分さんが言われている「現実が変わるのではなく、あなたの捉え方が変わるのだ」とは、現実の事象そのものは変わらないが、解釈が変わるということでしょうか?
    たとえば、財布の中身は相変わらず100円しかないが、貧乏万歳!!となるということでしょうか?
    それがハッピーになるということであり、捉え方を変えるということでしょうか?

    • -自分- 涅槃 より:

      サボさん
      こちらこそありがとう

      さて、あなたにとって
      「ハッピー」とはなんだろう?

      何らかの出来事が起こり
      それに対して
      あなたなりの解釈をする

      例えば私がハッピーだとしても
      あなたはバッドかもしれない
      つまり出来事自体には
      何の力もないということだ
      まずこの理解を深めなさい

      そして次

      何かが起こって
      あなたはハッピーになったとしているが
      実際はそうじゃない

      あなたがハッピーだから
      物事がハッピーに変わるのだ
      なぜならば
      物事に力はないからだよ

      「財布の中身が100円で万歳」ではなく
      「万歳!財布の中身100円だ」だ

      たぶんあなたがハッピーであれば
      財布の100円は意識にのぼらない
      つまりその現実は抹消される

      そして喜びに感じられる物事ばかりを
      キャッチするようになる
      人間的な解釈でいえば
      そういうことに目を向け出すということ

      だが何度も言っているように
      物事に優劣はない

      あなたがハッピーだから
      物事は喜びに変わるのだよ

  2. サボ より:

    自分さん お返事ありがとうございます

    さて

    >あなたがハッピーだから
    物事がハッピーに変わるのだ

    >「万歳!財布の中身100円だ」だ

    なるほど 理屈はわかります。自分が万歳ならば万歳な出来事が引き寄せられる?ということですね。
    ところでここでの万歳は本当に万歳でなくてはならず、万歳と思い込もうや万歳と思い込むは違うような気がします。
    ここに自分さんの話のむずかしさがあるように思えます。
    つまり自然状態で万歳であることの難しさです。
    ここの部分についてもう少しアドバイスをしていただけますでしょうか?

    • -自分- 涅槃 より:

      サボさん

      まず理屈を超えることだ
      本書もそうだが
      ウパニシャッドや禅、
      空思想や形而上学などの哲学でもね

      「これはなんだろう?」
      「これはどういうことだろう?」

      思考が何かを解決することを
      超えさせるためにある

      あなたは思考で物事を算段する
      これはこうしたらうまくいく、
      損や得、リスクに対する警戒心など
      「自分にとって良い手段」を
      考え出そうとする

      だがもし思考の算段なく
      ただ生きていればどうなるだろうか
      出来事や行為はあなたの選ばずとも起こる

      起こるものは次々と起こり出す
      そうした中で一切の算段をせず
      起こった物事を順に対応していくだけ
      そんなスタンスで生きていくと
      どうなると思う?

      あなたはいう
      「そんなことできるわけがない」という

      自分にとって良い手段を選ぼうとしてきたから
      八方が塞がっているだけではないかね?

      道に生える雑草ですら
      自然の法則に則っている
      彼はそこで生えて成長している

      あなたが同じように
      自然の法則に委ねた生き方をするとき
      あなたが求めている希望は失われる
      だが同時に絶望も失われる

      先のコメントの「万歳!」は喜びではない
      そこに起こった出来事を
      ただ認めているということだ

      一日だけでいいから
      思考の算段を組み込まずに暮らしてみなさい
      何かを掴めるかもしれないよ

コメント・質疑応答

  関連記事