LUCY

昨夜LUCYという映画を観たのだが
科学的な作用で脳が覚醒していくという
内容のものだった

私の体験と似たシーンがいくつもあり
なるほど、映像化すればこういう感じだな
と感心していた

原案者がスピリチュアルを体験しているのか
それともリュックベッソンがそうなのかは
わからない

どちらにしても
ぜひ観てほしい

ネット上の評論の大半は
人間が進化するSFとして捉えているようだが
そんな陳腐なものじゃないだろう

変わっていくのは主人公の女性自身ではなく
女性の世界に対する捉え方なのだ
世界の見え方がどんどん変わっていく
より真実に近くなっていく

多くの人は自己を主体とするから
どうしても「自分という範囲」
つまり制限の中からしか
映画の内容を判断できない

だが本書の読者ならば
納得のいくものとなるはずだ

映画は脳が覚醒していくというもの
それは「いま」に溶けているときと
何ら変わりはない

脳が進化していくと銘打たれているが
どちらかといえばマインドが退化していく感じだ
劇中のパーセンテージの増加は
マインドの減少値だと捉えればよいだろう

あまり内容をばらすわけにはいかないが
他者から理不尽を押しつけられ
トラブルに巻き込まれる
言葉の通じない危険な連中
不安と焦りの中
自分の力ではどうしようもないと
途方に暮れているあたりは
まさに現実を自意識で生きているあなたを
現している

そこから徐々に世界に溶け
あらゆるものが「己の中に在る」を知る、
そういう流れとなる
全知という意味も理解できるだろう

娯楽作品なので全部というわけではない
しかし劇中に散りばめられたセリフや表現
そして最後の言葉も

「その通り」だ

グロテスクなシーンが度々あるが
すべてあなたの中の「お話」である
体が何かに反応するならば
その反応を感じてみなさい

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. 困ったさん より:

    お久しぶりです。

    この映画公開と同時にみにいきました。
    たまたまみたyoutubeの予告で
    「彼女は人類を滅ぼすのか、それとも救うのか」というキャッチで関心ひいて見に行きました。

    予想通りの映画でしたね。
    そのとき思ったのはこの映画が凄いというよりハリウッドが全て悟ってるなと思ったかな。
    自分さんなら見られてるかなと思ってた映画ですが時間差はあったけど、やはりです。笑)
    女優さんのアクションも格好よかったです。

  2. 自分 -涅槃- より:

    やあ
    今回の映画はその方面に向けた内容だから
    より伝えやすかった
    だが例えばジャニーズの歌詞の内容ですら
    スピリチュアルだ

    恋愛ものの歌詞の中に出てくる
    「きみ」や「あなた」
    「会いたい」や「思う」など

    そういった矛先を
    「真実」に向けたものとして捉えれば
    この世のすべての歌詞やポエム、映画
    小説、そしてあなたが経験するすべての出来事

    つまりすべてが
    ある「安らぎ」へ向けているものだとわかる

    ジャズベースの音色も
    言葉を超えた魅力、
    そこには安らぎと融合するハートがある

    あなたがいいなと思うものなら
    なおさらだね

    金属、カタチ、気持ち、言葉、色彩

    同じ映画に共感があったようで嬉しいよ
    コメントありがとう

  3. より:

    見ましたよ。
    ルースィーのやりたい放題っぷりがいいですね。

    「目覚め」というシリアスなテーマを描きつつ、娯楽映画らしいハチャメチャでぶっ飛んだシーンも多々あり、目まいがするくらい楽しめました。
    スカーレット・ヨハンソン、相棒の刑事、マフィアのボス、俳優陣も魅力的でした。

    ああやってルーシーはどんどん目覚めて、世界と一体になって…と、その境地はすごいと思いながら、この「自分」というアイデンティティは失われるのだろうかと、一抹の寂しさも感じました。
    まだ自分は目覚めていないので、取り越し苦労なのかもしれませんが。

    ルーシーの急激で爆発的な目覚めの描写は、楳図かずおの「わたしは真悟」にも通ずるような気がしました。
    楳図さんの作品も、世界と一体になっていく怒涛の展開がすばらしかったです。

    またお勧めの映画があったら教えてください。

    • 自分 -涅槃- より:

      >>虎さん
      そう
      最後の描写は全体も個も超えた「非存在性」を表現している
      あなたが何かを見たとき
      例えば電車で目の前の吊革を見たとき
      吊革も同時にあなたを見ている

      つまりあなたが見るとき
      それは「見ること」が起こることを意味する

      あなたの見るという能動性ではなく
      世界に見ることが起こるのだ

      あなたから自主的な意識が消えれば
      世界が己であり
      世界も己もそこには何もなかったと悟る
      それが非存在性だよ

      >またお勧めの映画があったら教えてください。

      映画がスピリチュアルそのものをテーマにしているに関わらず
      すべての「話」はスピリチュアルであるといえる

      徹底的にそこをテーマにしているのならば
      監督で選ぶがいいだろう

      ジムジャームッシュ作品
      彼の以下作品はスピリチュアリティをモチーフにしている
      リミッツ・オブ・コントロール
      デッドマン
      リミッツ〜はよく本書で引用する言葉が
      散りばめられた作品だ

      あとスピリチュアルを感じさせるものは
      コーエン兄弟の作品にも多い
      バートンフィンク
      バーンアフターリーディング
      ノーカントリー
      ビッグリボウスキ
      ファーゴ など

      バーンアフター〜など
      一般的な見解を求める人々は
      まったく意味が理解できず
      評価のしようがないなどと見られるが
      そうではない

      世界がどれだけ自分の思いこみで出来ているか
      つまり幻想の中にいる人々を
      第三者視点で表現している
      それがこの監督の味だ

      彼らの作品は
      最終的には「あるがままであること」に行き着く
      それまでの起伏があることで
      その香りが放たれる

      それはどんな映画も同じことなのだがね
      常にそのシーンがラストであるならば
      それがあるがまま、だ

      ノーカントリーは有名な映画だが
      シガーという殺し屋のセリフすべてが「それ」だ
      そして彼に追われる人々は「マインド」となる

      あなたは映画が好きなようだから
      すでに観ているかもしれないが
      何か思い出したらまた伝えるよ

  4. ワモノ より:

    LUCYを観て思ったことがあります

    (以下若干ネタバレ)

    LUCYが完全に覚醒する少し前、椅子に座ったまま研究室から街中へ移動したり、そのまま時を遡ったりするシーンはまるでLUCYが空間や時間を自在に操っているみたいでした

    でもあの時LUCYはどこにも移動していない
    歩く人々、変わりゆく街並み、目の前に現れたインディアン、恐竜・・・それらを映す空間こそがLUCY

    でもあの時LUCYが時空を操っているように見えたのはまだ自分がエゴの視点で世界をみているからなのか・・・
    あるいはLUCYが完全に覚醒していない(完全に世界に溶けていない)ことを観ている人に示した上で、最後の言葉に繋ぐための演出だったのか・・・

    娯楽としても非常に楽しめました
    良い映画ですね
    トランスポーターシリーズしか観てないんですがリュック・ベッソンは好きです

    • -自分- 涅槃 より:

      ワモノさん

      あなたが洞察を深めると
      アイドルが歌うJ-POPですら
      「それ」についての啓示であることがわかる

      なぜならあなたのあらゆる体験の背景は
      ひとつだからだよ

      LUCYという映画は
      それを具体的に映像化しているが
      ドラえもんも同じ

      そのコンセプトの中にストーリーが起こる
      のび太もドラえもんも
      どこにも移動していない
      何もしていない

      漫画「ドラえもん」という総体が
      大いなる循環をしているだけなのだ

      あなたがその境地に立つとき
      完全に解放される

      LUCYのようにね

コメント・質疑応答

  関連記事

恋や仕事をスマートに楽しむ
人生を映画とするか絵画として観るか
自然のままに生きると幸せそのものになる
そこに正義を置けば悪も一緒に並べられる
あなたはすでに死んでいる
私たちは何者なのか(2)
人生が最大に好転する法
しゃぼん玉がはじけるとき