「 自己想起 」 に関する一覧を表示中

重い尻をどうにかする

何かをやらなければならないのに 気が重いときがあるだろう それはやるべきことが重いのではなく 流れようとする全体に 抵抗している思考が重いのだ 手を離せば勝手に …

ジャングルへようこそ

人前や電話であたふたしたり いつも慌てていないかな 後で振り返ってそんな自分を 恥ずかしく思ったりしてね しかもその後悔は 周囲への憎悪になったりもする あまり …

演じる自分をやめる

人に対して腹がたつとき その人に原因を追求するのではなく 演じていた自分がいなかったかを よく思い出してみることだ 正しい人間だと思われたい 文句の言われようの …

他力本願とは

親鸞の残した言葉に 他力本願というものがある これは人生成功の最大のヒントとなる 他力本願とは 「阿弥陀仏に委ねる」ということにあり 阿弥陀とは 全体性(ひとつ …

こどものように楽しむこと

朝一番のあなたは なんでも捗る 昨夜あれだけ唸っていた 書類の作成も あっという間に完成する 眠ってすっきりしたあとは あれこれ浮かぶノイズに 邪魔されないから …

あなたはハサミをつかう

涅槃の書も哲学書もスピリチュアルも そこに書かれていることに 納得するだけで終わっていないかね ちゃんと道具として使っているかな 引き出しにハサミがあるだろう …

危険なメソッド

人類の歴史をみていると、人間は間違いを繰り返していることがわかる。文明も戦争も、現代の私たちからみれば、それは愚かであり、そして幼稚にもみえる。だがそれは私たち …

詰まりが取れて流れ出す

仕事のスランプも 料理や洗濯なんかの家事も 恋やら対人関係 今日何着ていこうか なんてことにしても あなたは心に たくさん抱え込むけども このコンテンツを閲覧す …

世界を自分なりに使っていく

世界というのはあなただけの 道具箱みたいなものだ つまり「使うこと」に意義がある 哲学や数学といった学問も 電化製品などの文明的なものも 美しいビーチも 新鮮な …

シンプルな心を習慣にすると不幸にならない

最低の気分なとき それはもちろん 嫌な出来事があったときだろう あなたは腹がひっくり返るような ズンと重い気分をあじわう 世界に置き去りにされた感覚 やっぱり自 …