「 唯我独尊 」 に関する一覧を表示中

危険なメソッド

人類の歴史をみていると、人間は間違いを繰り返していることがわかる。文明も戦争も、現代の私たちからみれば、それは愚かであり、そして幼稚にもみえる。だがそれは私たち …

有能なひとになるには

有能であるというのは その人が際立っているのではなく あなた以上に 「フラットである」ということだ これは仕事やプライベートなど 人生全般をスマートに生きていく …

カラフルな世界の色彩になる

この世の全ては関係性で成り立っている それ単体では存在しない だけども本来の関係性というのは 「必要」を必要としないものだ それこそが神の世界なのである ここが …

真理とはなにか

人間はその時代に影響される。そのものとなってしまう。たとえばあなたが「良いこと」だと思っていることでさえも、それは生きてる環境や時代が「良い」としていることであ …

神の怒りから自由になる

本稿は前回の補足を兼ねながら 「自在に生きていくということ」 についてより深く考察していこう さて前回記した善悪の概念こそが あなたが当たり前に 過ごしている” …

善悪の真実を知り豊かな存在となる

人それぞれの現実が違うのは 観念=潜在意識が違うからだ つまり各々のルールが違う 野球とサッカーの違いとは何か それはルールが違うのだよ 同じ広場でありながら …

他者の問題の中で生きることをやめる

会社でも家庭でも街先でもいい 目の前のひとが機嫌が悪くて 好ましくない態度であるとき あなたはあれこれ考えるわけだ 「なんかやな感じ」だとね そのひとがそこにい …

殺し屋は花に包まれる

空であろうとしては空を悟れない つまりあなたがどれだけ 「私はいない」 「全体性だけがここにある」 そう思い込んだところで 「いないと思ってるあなた」が そこに …

山の向こうではなく地図を持つその手を信じる

あらゆる不幸は 期待からはじまる どんな小さな期待も 必ず不幸にかわる

神はどこにいるのか

よくぞここまで生きてきた 思えば大した成果だ 涅槃の書を読むひと 特に読み続けてるあなたは 世間一般でいう クリーンな人間ではないこのコンテンツを閲覧するにはロ …