「 瞑想 」 に関する一覧を表示中

静かな湖にて

誰かの態度に苛立ったとき、なぜその出来事が自分の認識上にあるのかを観察してみることだ。するとその苛立ちはその誰かから離れたものとなり、自分の空間に孤立して浮かん …

光に溢れる人生を送る

人間は自分を持つほど不幸になる つまり理性的になるほど 出来事に恐れるようになる たとえば誰かに何かをしてあげるとき 「曇りのない喜びだけがある」 というわけじ …

現実の苦しさから離脱する

この世は「全体が同時に動いている」というのは、いつも話している通りだけども、そんな中で「自分」という幻想が全体に抵抗しようとするから苦しむわけだ。 このように聞 …

自己を解放して人生を楽にする

私たちが自分だと思っているものは幻想であり、そして欲望する対象でさえも幻想である。幻想とは何かといえば言葉のことだ。意味や理由が備えられているものはすべて言葉に …

神はいつもあなたを包んでいる

季節の変わり目のせいか 車に飛ばされてしまった 猫たちの姿をみる 私はそばにいって 屈んで 手を合わせる 必要ならば道路の隅に 移動してやったりもする ああ、猫 …

日常のなかに非日常をみる

その日常を非日常として 感じられているかね これは変な話だね じゃあ日常って何だとなる でもそれでいい 日常的だなんて感覚は 惰性の産物でしかないのだから どん …

世界とひとつになる

気軽に生きていくには「ひとりで生きないこと」にある。これはいくつかの重要な意味を含んでいる。たとえば私は毎日たくさんの文章を書いているが、ストレスが溜まることは …

静寂を居場所にする

掃除機の音や激しい雨音 人々の騒々しさ そんな騒がしさのなかに 静寂を”聴く”ことができる うるさいと思うことほど 静けさは見つけやすい 探してごらん 静寂に耳 …

瞑想を活用する

20時38分 カフェにいるこのコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ ログイン. 会員登録はお済みですか? 会員について

この世という嘘 2

前回の補足を加えて より深く現実を変えていく方法について 記してみよう 現実はフィクションである それを知ったならば 現実に振り回されることなく 逆にフィクショ …