「 恋愛 」 に関する一覧を表示中

幸せの迷路

幸せそうでいいなあ そんなひとをみる お金をたくさん持っていたり 美しい相手と一緒にいたり 羨める仕事についていたり 確かにそう 彼らは幸せなのだ あなたがそう …

不死とエゴ、そして新しい人生(2)

前回からの続きとなる。 「実存世界」は人間を存在させる地球レベルに留まらず、地球を存在させている太陽系、その太陽系を存在させている銀河系、さらにその高次へと上位 …

みんなとひとつになる

クリスマスだね こういう世界的なイベントは 宗教やお国柄の違いがどうであれ 全体性の引力が強く作用する 世界中の意識がひとつに向かうからだ 自分という分離が強い …

自分自身を歩む

結局のところ 自分のことをやれているかどうかなのだ 仕事も人間関係でもそうだが 何かのためにやろうとするから 気が重いのであって すべての物事は 「自分を表現す …

人生に意味を探さない

仕事でくたくたになって 食って寝て 少しの隙間を娯楽でうめる ゲームや漫画やインターネット 昨日も同じ時間に 時計を見ていたことを思い出す 心底くだらない繰り返 …

お金がまわるということ

読まなくなった本を 図書館に寄贈する 着なくなった服を リサイクルショップで 引き取ってもらう こうしたことは いまや日常的なことだ まだ「自分」を生きていた頃 …

不幸の理由を知って自分を解放する

人間は常に不足感に浸されている。満たされてない様子に深く浸かりこむと神経症などの精神の不調がどんどん表に出てきてしまう。 だがその不足感とは何なのだろう。その原 …

神の旋律

あなたが何かをしようとしている限りそれは達成されない。どこまで進んでもゴールはまだ向こうにある。それはまるで蜃気楼のようだ。 だがあなたに何かが必要とされている …

満天の星空をみている

変化を続ける全体性のなかに 私たちはいる ゆえに人は誰であっても 変わらなければならないという 節目が訪れる あなたもそうだし あの人やあの子もそう それはつま …

みんな同じ場所にかえっていく

レジでお金を払う 店員との小さなやりとり 彼女ははじめて見る顔だし もちろん名前もわからない だけども同じ瞬間を関わりあった このごく当たり前にやり過ごす 日常 …